自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年6月21日土曜日

【阪神】ドラフト1位の岩貞って今なにしてんの?

いきなりですね。
どうも阪神ファンです。

昨年末のドラフトで、就任以来、まだ結果が出ない中で今年が契約最終年の和田監督や短期契約の中村GMたっての希望で、即戦力投手が欲しい!と大瀬良→柿田→岩貞と、しつこく大社投手を攻め、堂々の1位指名を果たした岩貞投手。

もう「ドラフト1位って誰やっけ?梅野か。」みたいな人もおられるのではないでしょうか。

違いますよ。横浜商大から入団した岩貞裕太投手です。

岩貞投手は春のキャンプで能見二世の称号を取り(どちらかというと小嶋二世に見えるけど…)、期待されましたが、宜野座キャンプ中の2月に左肘痛を発症。
故障離脱となりました。

覚えてますか?いつの間にケガしてたん?という阪神ファンの方も多いのではないでしょうか。

肘痛の場合、復帰後球威が戻らない場合もあるため、心配されていましたが、6月11日に久しぶりにシート登板し上々の手応えを掴めたようです。

阪神岩貞が故障後初投球「上がっていく」|日刊スポーツ


 2月の沖縄・宜野座キャンプで故障後、初めて。交代で打席に入った日高、高山、一二三を相手に10打席投げ、1安打1奪三振。直球は140キロ台に達した。

 「(実戦形式練習の違和感は)まったくなかった。(直球は)これから自然と上がっていくと思います」。上々の試運転となった。


140キロは記録しているようで何よりですね。
ややコントロールに課題があると言われていますので、今後はコントロールを磨き、能見投手のように、阪神のエースと呼ばれるまでに成長して欲しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿