自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年6月2日月曜日

ブロガーは副業と専業、どちらが良いのか。

この記事は新ブログをやろうと準備していた3/24に書いた記事なので、話題がやや古いですがせっかく書いてあるので公開します。


プロブロガーイケダハヤトさんが刺激的な記事を更新されてから、有名ブロガーの方々が次々に反応しておられます。

「会社員ブロガー」は客観的に見て「つまらない」

この辺りはさすがに問題定期型(炎上型?)ブロガーの面目躍如でしょうか。

私は現在、ブログを含めていくつかのサイトを運営していますが、兼業でやっています。
自分ではブロガーでもアフィリエイターでもないと思っているのですが、どちらもやってるので、まあ世の中的には副業ブロガー、副業アフィリエイターといった立ち位置かと思います。

昔はWEB作成などをメインに専業でしていた事もあり、いろいろ自分なりの経験もあるので、自分の経験でも書いてみようかと思います。

WEB関係を専門にしていた頃は、とにかく来月の契約などが常に心配事としてはありましたが、仕事面ではノーストレスの環境でやれていました。収入も多い時で月100万円ぐらいは稼げてましたし、何より自分の作ったサイトや自分の名前を育てるというのが非常に楽しく、好きなことを好きな時間に好きなだけやって、お金をたくさん貰えるという、夢のような生活をしていました。

でも、当時は来月が約束されていない、未来が約束されていないという事に不安を抱えていたような記憶があります。
まだ2000年前後の頃の事ですから、インターネットが大きく成長していくことはわかっていましたが、その過程で自分が何年も残って行けるような手応えは掴んでいませんでした。

その後、国家資格取得を機に現職を本業とするようになってからは、完全に副業となり、一時、月数千円ぐらいの収入にまで落ち込んでいましたが、現在はまた多少の収入を得ることが出来ています。

私の場合、ネットだけでなくリアルとの融合でやっていますので、ネット専門の方に比べれば、経費がかなりかかっており、利益率は低いとは思いますが。

では、現在の気持ちはどうかと言いますと、ネットを中心としたビジネス歴が15年にもなろうとしているので、10年ぐらい前には出来なかった事や見えなかった事も見えて来ており、また独立してやってみたいなぁ、と願望としては思うようになりました。
長らくスポンサーとしてご支援頂いている会社やショップもあり、そうした皆様のご期待に応えたい気持ちも責任感も芽生えてきており、もっと全力で応えたいという気持ちも持っています。

私生活では、この10年の間に、結婚して子供が出来て、家族が出来たので、前の時よりはフットワークが重くなっていますが、もっとしっかりとした基盤を作ってリスクマネージメントがちゃんと出来るようになれば、いつかまた専業でチャレンジしたいと夢としては思っています。

ただ、現在のスタイルは非常にリスクが少なくて魅力的な地位だとも思っています。

フリーランスを経験しているので、現在の毎月決まった額が振り込まれて、ボーナスもあって福利厚生もちゃんとしている環境は本当にありがたいと感じています。
また、反対に副業があることで本業のリスクヘッジにもなっており、本業の職場で、他の職員は皆、クビになりたくない、評価を落としたくない、など、何かに怯えて仕事をしていますが、私は比較的気楽にやれているので、余計なストレスもかからないし、自分のスタイルで仕事を出来ています。
これは非常に大きなメリットではないかと思っています。

国家資格者なので比較的、仕事にはありつきやすいですが、本業の方で職場の閉鎖というのも経験しており、いつ何時、働けなくなるかわからないという可能性はリスクとして認識しているので、個人的には国家資格者であれ、ブロガーであれ、アフィリエイターであれ、選択肢は多い方が良いのではないかというのが私の持論です。

まあ、事の発端はつまるかつまらないかの話なので、かなり違った話かもしれませんが、会社員ブロガーがつまるかつまらないかの話を見て、私はこんな事を思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿