自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年6月30日月曜日

いつか◯◯さんを越えます!と面と向かって言うのは無責任だと思う。

アメーバの藤田晋社長の7gogoでの発言がまとめられていました。

【アプリ】サイバーエージェントのトークアプリ7gogoでの社会人が見るべき藤田晋社長の投稿まとめ


このまとめの、「やる気のある人と結果を出す人の見極め方について」という項が気になりました。

藤田社長ほどのネームバリューの成功者になると、面と向かって若者から「いつか藤田さんを越えます」と言われることも多いようです。

この場合、単に夢見がちなだけの人は
「目を瞑って夢を語っているような感じ」
だと感じてらっしゃるよう。

また、可能性のありそうな人は、目を開いて今の現実と向き合えているから恥じらいながら言うのだそう。

私自身、言った側でも言われた側でもないのですが、そういう場に居合わせたことがあります。

あれ、言う方は良いんですよね。ノーリスクで。
そんな事で怒るような相手ではないと見込んで言っているだろうし、そんな事で怒ってては怒った側が人間が小さいみたいな扱いになるので、まあ、怒られる事はない。
将来的に全く越えられなくても、そっとなかった事にしておけば、相手から責められることもないだろうし、万が一越えた日には、
「俺はあの時、◯◯さんにケンカ売ったんだ。だから今の俺がある。」
なんて武勇伝にでもすれば良いし。

サッカーの本田選手に代表されるような、大きな目標を公言する事で自分を高めるとか、モチベーションにする、なんてのとはこの場合違って、絶対的な目標ではなく相対的な目標なので、目標を高くおいて自分の意識を高める目的で大言壮語するのとは種類が違います。

そして言われた側は、この場合、特に返す言葉もない。
本当は一言ぐらい苦言を呈してやりたいだろうけど、それもやりにくい。
だからこそ、こうして藤田社長も、直接ではなくこうした場でソフトに苦言を呈されているのだと思います。

若者が業界トップを走る組織の社長に
「将来は◯◯さんを越えます。」
と言うのは、相手を尊敬しているとは思えないし、そこに慕う気持ちがあるとも感じられません。

人生の全てをかけて築いて来られた地位に対し気軽に越えます!と宣言するのは、ある意味侮辱でもあると思うのですよね。

例えばそれを言われて納得できるだけの計画を見せて言うとか、せめてそれを言って成し遂げられなかった時に「生意気言ってすみませんでした」と謝る程度の責任を持って発言すれば良いと思うのですが、一方的に言い放つのは無責任だと思います。
そもそも面と向かって言う必要なくない?って、話ですよね。
心の中で思っておくのは自由だし、まあ、友達とかに吹いとけば良い話です。

なので、「◯◯さんを越えます!」という時は、言うだけの責任を持って言いましょうよ。というご提案でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿