自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年9月3日水曜日

2ちゃんねるまとめブログ「ファ板速報」が売りに出てるらしいのでその価値を 分析してみた。

バイラルメディア「netgeek」によると、2ちゃんねるまとめブログ「ファ板速報」と思しきサイトが売りに出てるらしいです。


おおよそ月間150万PVで15〜20万の収入らしいです。
売却額は200万円。

収入平均が17万とすると1年がかりでようやく元が取れる計算。
その後は皮算用で行けば年間200万円儲かりますが、毎日1.5時間の作業時間2年分で考えると1.5×365×2=1095時間の労働で収入が200万円。

時給単価は1826円。

2年がかり、しかも200万円の先行投資と考えると、とてもお買い得とは言えない感じですねぇ。

2年間全くノーリスクで毎月17万円ほどの収入があるかというとそうではなくて、まず最近、2ちゃんねるまとめサイトがバイラルメディアなどに取って代わられている事。

現在、そのバイラルメディアを槍玉に、プロブロガーイケダハヤトさんが火を放ち、いろんな立場の人がまきをくべ、灯油を投入し、ガソリンを放ち、イケダハヤトさんを中心にコピーコンテンツの是非で大盛り上がりですが、元々、バイラルメディアの前は2ちゃんねるまとめ系サイトがコピーコンテンツの槍玉になっていました。

また、ネタ元の2ちゃんねる自体が転載禁止の動きを見せ、まとめサイト業界で大騒動が巻き起こったのも記憶に新しいところ。

2ちゃんねるまとめサイトはGoogleやYahooからの検索流入がアクセスのメインですが、コピーコンテンツである以上、いつGoogleから村八分を突き付けられるかわからない。

今年1月に起きたテル速騒動が話題になりました。

具体的にはテル速という2ちゃんねるまとめサイトがGoogleからコピーコンテンツとしてペナルティーを課せられ、40万あった日間PVが4万になり、慌てて2ちゃんねるで質問したら特定されてしまった一件。

こうしたリスクもあり、先行投資が全く回収出来ないリスクも充分にありえます。

なので、まとめブログだけで収益を上げる以外の資産を生み出すような価値はないか…と考えますと、まず財産なのはおおよそ2000記事に及ぶ記事。

ただ、最近はクラウドソーシングで1記事代筆して100円と言われる時代では、コピーコンテンツということを踏まえてもせいぜい20万円。

ページランクは3。SEOチェキによると被リンクは7で、全て2ちゃんねるまとめ系から。
リンク供給元と考えるとこれがせめてページランク4以上で独自ドメインだと価値が生まれるのかもしれません。

150万PVで17万円だと、1PV0.2円と言われるブログに比べても収益性がかなり悪いのもマイナスかなと思います。

なので、個人的には、あまり買いの案件ではないと感じました。

ただ、150万PVは喉から手が出るほど欲しいですけどね 。
200万円は出せない、というか持ってない 笑


0 件のコメント:

コメントを投稿