自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年10月24日金曜日

近江高校の植田海内野手が阪神タイガースドラフト5位指名を受ける

滋賀県史上最強打線の呼び声高かった今年の夏の甲子園滋賀県代表の近江高校。

その史上最強打線の近江高校の中核を担った植田海内野手が阪神タイガースにドラフト5位で指名されました。

近江高校へは高校二年生から編入しており、それまでは山梨県の日本航空高校から編入しており、高野連の規定で2年生の1年間は公式戦に出場出来なかったのですが、3年生になり、公式戦に出場するや、評価をグングン上げ、夏の甲子園の時点でプロ注目の選手になっていました。

日本航空高校からの編入ですが、元々、日本航空高校に野球留学をしており、滋賀県の出身で、列記とした滋賀作。
甲南中学時代は湖南ボーイズで野球をしていたようです。

小柄ですがパンチ力もあり、広角に打てて打率が非常に高く俊足を生かした野球の出来そうな打者です。

特に評価が高いのが守備で、守備だけでも二遊間のスペシャリストとして、将来戦力になりそう。
走塁も、50m5.8秒とされており、朝原宣治選手の持つ日本記録5.75に匹敵する走力…これは手動計測や、距離の不正確さなどが影響していると想像され、さすがにそこまでは速くないでしょうけど、かなりの俊足であることは間違いないようです。
※ちなみに元横浜の田中一徳は世界記録を持つドノバンベイリーを軽くしのぐ5.3秒 笑

近江高校では3番ショートでしたが、理想的には将来、1.2番を打ち、ショートかセカンドで捕殺記録を作るぐらいの選手になって欲しいですね!

阪神のショートには鳥谷敬というスーパープレーヤーがいますが、年代的にはちょうど次のレギュラーを張る世代。
5年後には一軍でバリバリやる姿を見たいです!

頑張れ植田選手!


2014年10月16日木曜日

滋賀県が移住にオススメな4つのワケ #移住日記

滋賀県が移住にオススメな4つのワケ。

1.大都市へのアクセスが良い。

滋賀県からは京都や大阪、神戸へのアクセスが非常に良いです。
私の住む大津市からなら、大津駅から京都駅はJR2駅。10分ぐらいでしょうか。
大津駅から大阪駅なら40分ぐらい。
三宮までも1時間ぐらいで行けます。

大津駅周辺だとマンションしか手が届かないですが、1駅隣の膳所駅なら駅から徒歩圏内でも築浅の中古住宅が2000万円を切り、新築でも3000万円そこそこで買えます。

住宅地は山肌なので坂が凄いですけどね。あと膳所駅は新快速が止まりませんが、まあそのぐらいで大阪市内通勤圏内の一軒家が買えます。

また、大津駅とは逆の湖西に行けば、やはり京都駅から2駅の大津京駅周辺のマンションや1駅隣の唐崎駅なら同様に新築住宅でも手が届きます。

こちらもJR琵琶湖線に比べると本数は少ないですが、京都駅や大阪駅までのアクセスは抜群です。


2.人口増加している。

このような環境なので子育て世帯の流入が非常に多く、人口増加率や子供の割合、子育て世帯数などは東京に匹敵する水準で、国内トップです。

栗東市や草津市は住みやすいランキングにも上位にランクされ、野洲駅周辺ならまだまだ宅地開発の余地があり、非常に魅力的な土地が残されています。


3.天災、災害が少ない。

まず台風による影響がほとんどない県です。
海に面していないので、津波の心配がないので当然、波浪警報は有り得ません。
まあ、琵琶湖にも波は有りますけど。
地震はチラホラ震度5クラスのものが発生していますが、住宅が倒壊したり死者が多数でたりいうクラスのものは記憶にありません。

4.子供達の遊び場が豊富

大阪では子供達の遊び場がなく、かろうじてある公園などでもボール遊びが禁止されていたりして、子供達が駐車場で遊んでる姿などをよく見ましたが、滋賀は比較的遊び場が多く、まだまだ子供達が外で遊んでいます。

また昆虫などが多いことも個人的には住むところに選んだ理由で、いろんな生物が生きているのも好印象でした。

5.どうですか?
どうですか?なかなか魅力的じゃないですか?
京都府内でも京都駅まで10分か20分で行けるところなんてそうはありませんし、大阪府内でも例えば私が以前住んでいた泉大津市から梅田まで乗り換えを含めれば1時間近くかけてましたから、乗り換えなしで大阪駅までアクセスがあるのも魅力だと思います。

どうですか?

滋賀県移住してみませんか?

2014年10月15日水曜日

美味しいたこ焼きを焼くならホットプレートの火力は大事だって話。

以前、ニトリで安くなっていたので、ホットプレートを買いました。

2Wayミニホットプレート(タコヤキ&グリル アプレ3 KS-338N)


なんかモデルチェンジしてるけど、スイッチとか同じなので、多分これです。

安いだけあり、小さくてお好み焼きが1枚焼ける程度のサイズ。

ただ、魅力があって、たこ焼きプレートまで付いていて、これがあれば家でたこ焼きパーティーできるやん!てことで、買いました。

それでたこ焼きパーティーしてみたんですけど、どうにも火力が弱い。


たこ焼きがコンガリならないのです。
一応、800whあるので、高温になった時はそれなりに焼けるんですけど、すぐにサーモスタットが作動して切れてしまって、すぐに温度が下がります。
たこ焼き一発焼くのに、その高温→低温→高温→低温のスパイラル4回ぐらい要ります。

ジワジワ温めてるもんだから、外も中も同じように温まってしまって、たこ焼きは焼けるんですが、外カリ中フワには程遠く、外はホットケーキぐらいの感じで、中もホットケーキぐらいの感じ。

子供達はそれなりに喜んで食べていましたが、どうにも不満足。

あまり美味しくない。

まあ、マズくはないんですけどね。一応。

やっぱりホットプレートはちゃんとしたのを買わないとダメですね。
これぞ安物買いの銭失い。


ちなみに、残ったタコでネギとゴマをまぶして胡麻油と醤油で和えたおつまみは、ご想像通り絶品でした。

今夜はホットプレート物色します。

2014年10月10日金曜日

値打ちをこくと発信出来ない。

私の友人はよく「自分から言うのは格好悪い」という話をします。

例えばイベントの出店などは
「誘われてから出る。自分から言うのはダサい」
と、こんな感じに思っているようです。

こういう人は案外多いようで、同種の話をよく聞きます。

一方、よく売れているとされる古着屋さんの共通項を考えると、皆さん自分からアクションを起こされます。

私のやっている古着屋情報サイトF-STREETには現在、6店ものスポンサー様にご支援頂いています。
そのいずれもが成功されているお店です。

前述の友人は、自身と、同じく同業の友人と2人で食事をしていて
「F-STREETは知り合いにばかりバナー広告枠を提供している。贔屓している。」
という話になったそうです。

でも実態はそうではありません。
確かに全てのスポンサー様と良好な関係を築かせてはいますが、その半数以上は、スポンサーになって頂いてからのお付き合いです。

特に、最も古くから支援して頂いている古着屋JAMさんは、F-STREETに掲載してほしいというメールを頂いて、お店に伺った時にそういったお話を頂いた次第で、それまではお恥ずかしながらお店も知りませんでした。

前述の友人は
「自分から言うのはダサいから、ダサくないように翌月のスポンサー枠を入札するようなシステムにして欲しい」
と、言っていました。

私自身は、瞬発的に大きなお金を頂くより、継続的に活動を支援してくださるスポンサー様が欲しいので、それはお断りしました。

つまりこの場合、
「自分から言うのはダサい」
という考え方が強力な足枷になってしまっています。

売れているお店と売れていないお店で商品セレクトに差があるかというと、そうではありません。
正直、大差ない。

じゃあ、売れているお店の場所が良いから売れているのかというと、今、大阪で売れていると言われている古着屋JAM、GRIZZLY、CHAPPIE(移転前)、jaBBer、など必ずしも場所に恵まれているとは言えません。

売れているお店とそうではないお店の差は発信力の差ではないかなぁ、と五年間近く古着屋情報サイトをやってみて、感じております。

これは人生においても言えることで、自分から言うのはダサい、と思ってアクションを起こさないと、損をしているのではないかなぁ、と思っています。

と言っても、自分自身もFacebookの友達申請など、自分から申請するのはなんとなく格好悪いと思って控えてしまいますけど、それも相手から見れば、ダサいどころか、嬉しい事ですよね。

値打ちをこかず自分からアクションしましょう!という話でした。


2014年10月7日火曜日

グランドサウナ心斎橋の個室カプセルは快適だった。

大阪で開催した第五回大阪古着祭RETURNSというイベントは、2DAYS開催だった為、1日目は大阪で宿泊しました。

泊まったのはグランドサウナ心斎橋。


初カプセルホテルだった為、蜂の巣状のあの文字通りのカプセルルームではなく、個室カプセルというワンランク上の部屋を予約しました。


このようにアコーディオンカーテンの中がちょっとした個室になっていて、プライバシーが確保されています。



アコーディオンカーテンには鍵は付いておりませんが、ベッドサイドに鍵のかかる収納があるので、そこに貴重品は入れるシステム。


中から見るとこんな感じで、上は開いていて、完全に個室というわけではありません。


ちょっとした仕事の出来る机なんかも用意されていて、ビジネスマンにはありがたいシステム。


ベッドは隣の部屋と向こうと互い違いで二段ベッドになっていて、私が泊まったのは2階タイプ。

階段が降りにくい以外は大変居心地の良いベッドでした。

船の旅にでも来た気分が味わえ、それなりにワクワクしますよ。


何かビデオも見られるんだとか。
24時間500円(税抜き)だそうです。

ポチッとボタンをワンプッシュするだけで助平な貴殿をワァオ♡な世界にいざなってくれますよ。


サウナや大浴場は最上階の7階にございます。
サウナ初心者の私はがっちり服のまま行ったら、皆さん室内着みたいので来ていて、恥ずかしかったです。

わざわざ引き返し、着替えて来ましたよ。

あと脱衣所のロッカーに鍵や扉はないので、必ず部屋に用意されてい室内着で行くのがオススメ。

通常のカプセルルームは2000円弱で泊まれますが、個室カプセルは3980円です。

あと2000円ぐらい出すと普通の部屋のビジネスホテルに泊まれますが、私は充分でした。

完全個室ではありませんが、そんなに周りの音も聞こえないので良いですよ。

歯ブラシや髭剃りなどの最低限のアメニティーもついておりますので、特に準備して行くものもありません。

さすがにシンガポール航空のスイートルームに比べると、少し劣りますが快適なホテルでした。

新卒大学生がマイレージを使って「200万円のスイートクラス」でニューヨークへ! 超豪華すぎる体験記がマジでスゴい!!

http://rocketnews24.com/2014/10/06/494093/


必ずまた利用します。


2014年10月5日日曜日

すき家のワンオペが凄かった。

本日、大阪でイベントを開催したのですが、その前にすき家に朝食を食べに行きました。
時間は朝10時過ぎ。

たまたま先に来ていた大阪の中崎町の古着屋で働く後輩が座っていたのですが、立ち上がって帰ろうとするので、
「どうしたん?食べたん?」
と、聞いたところ
「いえ、時間かかるらしいんで。」
と言ってたのですが、
「え?別に混んでないし、牛丼やから大丈夫やろ」
と制して、2人で食べる事にしました。

すると絶賛ワンオペ中で、若い男の子の店員さんが走り回りながら仕事をしていました。

注文聞きに来るまで5分以上待ち、そこから注文するも全然料理は出てきませんでした。

私達と同時にお一人、私達の直後にお一人のお客さんがおられ、どちらも例に漏れず、待たされ続け、最初は皆さんイライラされていました。

私と後輩は、
「おいおい、大丈夫か、すき家 笑」
「マジかこれ」
と楽しんでいましたが、絶賛ワンオペ中の店員さんはとにかく走り回り、半端じゃない溜息を吐きながら、あちらこちらに、お茶を出してくれる手もプルプル震えてて、そのあまりにも大変そうな様子にイライラしていた他のお客さんもみんな、呆れるのを一旦通り越し、店員さんをみんなが応援するような雰囲気に…笑

そして、20〜30分待って、ようやく鉄火丼と牛丼登場。
したのは良いのですが、鉄火丼の鉄火は袋からドサッと出して乗せたって感じのままの盛り付けに、間にある刻み海苔は尋常じゃない量乗っかってたり、お盆にはご飯粒ついているし、お茶碗もなんだか綺麗ではありませんでした。

本来なら猛烈に抗議したいような惨めな鉄火丼でしたが、その哀れなまでの疲労困憊具合の伝わる店員さんの雰囲気にそれすら我慢してあげたくなるような姿にグッと我慢して食しました。

これが噂のワンオペかと。
これは大変ですわ。
少なくともテーブル席ありでこれは無理でしょう。

確かに批判が殺到したのは深夜のワンオペなので、「深夜のワンオペをやめる」ということからすれば、嘘をついたわけではないのでしょうけど、てっきりワンオペはやめたのかと思っていました。

今までのワンオペ批判もあまり興味なかったのですが、体験してみるとすごかったです。

ちなみにバイト募集の貼り紙の時給は昼が980円。深夜が1220円。
アルバイトとすれば決して安い時給じゃないですけどね。
ただ、業務内容がしんどそうすぎますね。
一緒にいた後輩も、配送会社の深夜の仕分けのバイトをやっていますが、すき家は働きたくないと言っていました。

ちょっともう、すき家は行かないかも…

2014年10月2日木曜日

缶つまプレミアム「ハバネロサーディン」に一手間加えたら絶品のおつまみにな った。

今日から始まりました晩酌のおつまみをレビューするコーナー。
その名も「晩酌のおつまみをレビューするコーナー」。


缶つまプレミアムから「ハバネロサーディン」。

平たく言えばオイルサーディンなんですが、普通の油じゃなく、ハバネロオイルに漬かっています。

私はオイルサーディンは温かくないと食べられない派なので、今回はマヨネーズを乗せてトースターで5分ほどチン。


マヨネーズがちょうど焦げるぐらいが絶品です。
通常のオイルサーディンだと、マヨネーズに七味唐辛子をまぶすと更に旨さ倍増なんですが、今回はハバネロオイルに浸かっているので、七味唐辛子はなし。

まあ、ご想像の通り、超絶うまいです。

オイルに魚にマヨネーズですから、カロリーはえげつない事になってるでしょうけど、これだけ美味しかったら太っても本望です。

ビールが進む進む。
ビールがススムクンです。

今面白い事言いました。

ハバネロサーディンという名前なので、激辛なのかと、少し不安でしたが、舌が痺れるようなイヤな辛さは一切ありません。
むしろ、浸かっているオイルまでゴクゴク飲んじゃうほどハバネロオイルも美味しいです。

缶つまプレミアムシリーズはどれも美味しいですが、そこそこ値段もします。
しかし、このハバネロサーディンはおおよそ300円ぐらいです。

いわしの身も肉厚で美味しいです。

勿論、買ってきたままでも食べられますが、オイルサーディンは断然、温めるのがお勧め。

マヨネーズにパン粉をまぶしたり、玉ねぎを乗せたり、いろんなバリエーションも楽しめますよ。

特に料理をするってほどの手間はかかりませんし、料理に1番厄介な後始末もほとんど必要なし。

晩酌のお供に是非。