自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年10月20日月曜日

先生って大変なんです。

私は専門学校の非常勤講師をしています。
今年で5年目です。

毎年、この時期がその授業のシーズンで、明日授業をするんですけど、先生って結構大変なんです。

授業の前にはやっぱり予習をしていかないといけません。
勿論、専門分野なので、教科書に載ってるような事はほとんど知っているのですが、たまに勘違いしたまま記憶していることや、学生時代は覚えていたけど、現場では全く使わないので忘れていることなどもあります。

そして、何より、教科書のどこになにが書いてあるかを把握していないと、直後に出てくることを、その前に余談として喋ってしまって、2度話すことになったり、参照してほしいページをすぐに指し示さないと、ダラダラっとした時が流れてしまったり、またどう話すかもある程度は考えておかないと、自分でも「何言うてんねやろ?」と思うぐらい下手な説明をしてしまったりします。

僕は非常勤ですが、常勤の先生は大変やなぁと。

テストもしかりで、テスト問題って意外と作るのに困ります。

非常勤講師が教える科目なので、それほど重要度は高くなく、生徒さんもあまり勉強しません。
でも、そんな科目で留年させて人生を棒に振らせるのも可哀想なので、しっかりと点数が取れるように授業の時から、テストに出すような重要度の高いところはしっかり興味を持たせないといけません。

また、テスト問題も、例えば○×問題を作るにしても、○の問題はそのまま書けば良いだけなので良いのですが、あえて×の問題を作るって、とても難しい。

わざとらしくなく、嫌な感じの引っ掛け問題にならないよう文章的な矛盾や曖昧な表現をなくして、更に文法も変にならないように問題作るのって本当に難度が高いです。

また、生徒さんみんな過去問持ってるからね 笑
それ知ってるだけに、過去問とのシンクロ率とかも考えなきゃいけないし、わからなくても考えてみればわかる問題を作ってあげたいのだけど、思考停止でテスト受けられると難問になります。

しかも、十分な予習をして準備をしても非常勤講師の授業は格好の睡眠の標的でもあります。
私も寝てましたもんね。ずーっと。

当時は前の生徒の背中に隠れてうまく寝てるつもりでしたが、教壇からみたら丸見えです 笑

そんなわけで、明日は1人でも多くの生徒に興味を持ってもらえるように頑張ってきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿