自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年10月27日月曜日

ペンギンアップデートの話。

先日、Googleの検索アルゴリズムに補正を加える(?)ペンギンアップデートがありました。

まあ、要するにGoogleの検索結果をより検索者にとって有意義なものにしますよ、というようなものです。

私が運営するメインサイトF-STREETは、開設当初より、ターゲットキーワードで常に1位を独占してきていたのですが、ここ最近、今年の4月ぐらいから、ターゲットキーワードの検索結果がまとめサイト社会の弊害でNAVERまとめを始めとする「○○のオススメ古着屋○選」「○○の古着屋TOP○」というまとめブログなどに一気に侵食され、F-STREETもターゲットキーワードでは4位、5位というところに甘んじていました。

ターゲットキーワードでのドメインの強さがあるので、同じようなまとめ記事を書けば、まあ対抗は出来たのかもしれませんが、F-STREETの信念である、「古着ファンにオススメ出来るお店を掲載し、全店をオススメする。」「お店の順位をつけるようなコンテンツは絶対にやらない。」というところに反するので、そういった記事より下にランク付けされることにただただ悔しい思いをしていたのですが、今回のペンギンアップデートには、少し期待をしていました。

まとめサイトやまとめ記事が増えすぎて、検索結果を侵食しすぎているので、今後、必ず評価は下げられていくはずですので、F-STREETにとっては追い風かなと。

結果、大方、ペンギンアップデートによって1位2位に戻ってきました。
一時期のように、有意義であれば1サイトから何ページも表示されるような仕組みではなくなっているので、上位独占してた頃に比べるとまだまだですが、かなりアクセスも戻り、ペンギン様様です。

とはいえ、有意義だと思えば違った形では自分もまとめ記事などはやることがあるので、その辺は今後のまとめサイトの評価を注視していきたいところですが、とりあえず、今回のペンギンアップデートは全体的に見ても追い風が吹いたかな?という感触です。

0 件のコメント:

コメントを投稿