自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年10月29日水曜日

不眠症と戦う人に伝えたい一言。

私は20代の頃、ずーっと不眠症と戦っていました。

元を正せば10代の頃から寝付きが悪かった気がしますが、深刻に悩み始めたのは一人暮らしして、自分の力で起きなくてはいけなくなってからでしょうか。

そして、たまたま若い頃に自営で当たったこともあり、不摂生な生活をして、その不眠症は更に深刻化して、その後、資格を取ろうと医療系の専門学校に行ってからは、相当苦労しました。

夜間学部に入ったので、日頃はまだマシでしたが、病院へ実習に行く時など、夜は眠れないし、変に朝方に寝付いてしまうと朝起きれないから完全徹夜で行ったりだとか、また国家試験前日に眠れなかったのは相当参りました。

それも確か一睡もせずに行って、国家試験を受けました。

また、30歳になる頃まで、寝坊して授業が受けられなくて留年する夢に何度もうなされました。

前の職場で働き始めてからは更に深刻で、夜に眠れずに朝方に眠ってしまい、何度も無断遅刻してましたし、仕事中もよく居眠りをしていました。

無断遅刻に関しては、よくクビにならなかったな、と今でも青ざめます。

それが、不眠症にあまり悩まなくなった頃から、何か開き直りみたいな悟りの境地のようなところに行ってからは自然と眠れるようになり、今は特に苦労していません。

不眠症には入眠障害、早期覚醒、中途覚醒、熟眠障害というのがあるそうで、感覚的には入眠障害は克服したけど、早期覚醒や熟眠障害ぐらいはもしかしたら残っているかもしれないのですが、何より一番辛かった入眠障害を克服出来て、本当に楽になりました。

克服出来た最大の要因は気にしなくなった事だと思っていて、現在、入眠障害に悩む方がおられたら、
「気にしないのが一番ですよ。」
と伝えたいのですが、正直、それはなんとなくわかってもいると思うのです。
私も、毎晩のように寝付けずに「気にしないでおこう、気にしないようにしよう。」と気にしてばかりいました。

なので、とにかく
「いつか克服出来るから大丈夫ですよ!」
と経験則として伝えたいですね。

今は私は布団に入れば考え事をする暇もなく眠ってしまいます。
今は眠る事や眠れない事を気にする暇もないし、気にしようもない。
いつか克服出来ます!!

0 件のコメント:

コメントを投稿