自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年10月1日水曜日

Twitter予約投稿アプリ「Buffer」が超良かったので簡単に使い方を解説。

先日、オウンドメディアの成功事例として名高いホームページ制作会社LIGのブログで公開されたこちらの記事。

マーケターがTwitterを戦略的に活用して効果を上げるための使い方とポイント10選


こちらの記事の中で、「1. 同じ内容を何度もツイートする」というものがありました。

その重要性は前からヒシヒシと感じていたものの、同じ内容を何度もTweetするのはどうなの?という思いもあって、人気記事は翌日Tweetする、とか、なんとか何度も告知出来る方法を模索しながらやってきたのですが、「CNNが一日に同じニュースを何度も繰り返す」という文章を見て、なるほどな!と思いました。

と言うことで、これまでは導入していなかったBufferというTwitterのツイートを予約投稿出来るアプリを使い始めました。

結論から言うと、これは凄く良いです。

中には記事更新した直後より、2度目3度目のツイートの方がリツイートされたりファボられたりする数も多い。

操作も簡単です。

起動するとこんな画面。


下段のツールバーから青いマークがされている更新マークをタッチします。


すると、こんな入力画面に切り替わります。


予約投稿したい内容を記述。

画像を追加したい場合はAdd Photoをタッチ。


写真を撮るか、スマホのライブラリからピックアップするか、…最後に使った画像を使うか、かな?



カメラロールから選ぶと、こんな画面に。


予約する時間を選んで。


完了!

このアプリのお陰で、24時間、いつでも呟くことが可能に!

時間なんかを分析して戦略的に使って行くことで、1.5倍ぐらいのトラフィックが得られるのではないだろうか。

こんな良いツールを今まで使わなかったなんて…


0 件のコメント:

コメントを投稿