自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年11月29日土曜日

子供に是非見せたい!石山寺の紅葉ライトアップが素敵でした。

長女が5歳なんですが、最近、保育園で
「真っ赤だなー、真っ赤だなー、つたーの葉っぱが真っ赤だなー、紅葉の葉っぱも真っ赤だなー」
を習って来た事もあり、子供に紅葉を見せたいなぁと思っておりました。

どう影響するかはわからないけど、何か感性を磨けたり、大人になっても小さい時に家族で紅葉を見たね、と覚えていられるような体験をして欲しくて、そんなことを思っていました。

そんな折、滋賀県大津市の石山寺で紅葉のライトアップをしているという話を聞き、調べてみたところ、今月いっぱいの開催ということで、慌てて石山寺に行って来ました。

駐車場代600円にはたじろぎましたが、参道みたいなところは無料で、かなりストロークがあり、紅葉のトンネルのようになっているので、そこでも充分に楽しめます。

中に入山するには大人500円、子供(小学生以上250円)がかかります。
中は更に紅葉の山みたいになっていて、下から上からと紅葉を楽しむことが出来ます。

子供の写真に夢中になってたので、あまり良い画像がないのですが…


また、境内では狂言もやっていて、昨夜の演目は蝸牛でした。

タダで子供に狂言も体験させることが出来て、かなり良い体験になったのではないかと思います。


すれ違った学生の男女四人組の女の子がうちの子達を見て、
「子供が出来たら見せてあげたいな。」
と言っていました。

まさにそれですね。

子供に是非体験してほしい見事な紅葉でした。

2014年11月27日木曜日

寿司懐石という魅惑の響き

寿司懐石なんて魅惑の言葉、有って良いんでしょうか?
寿司懐石という言葉には日本人の全員がヨダレ垂らしてもおかしくないだけの破壊力があります。

以前、紹介しましたが、滋賀県蒲生郡日野町にある寿司懐石のお店乙菊のホームページを作成させて頂きました。


こちらの店主とは、小さい頃からの仲でして、そんな事もあり応援の気持ちで、無償でさせて頂いたのですが、そのお礼にと、寿司懐石をご馳走になりました。

本当は、結婚記念日だったので、そのお祝いに懐石のコースを予約したのですが、そんなありがたいお申し出を頂きまして、ありがたくもご馳走になってしまいました。


こちらは先付。

前菜の八寸。

懐石ならではの季節感のある八寸。
中央奥の押し寿司は昆布締めにしたカマスのお寿司です。
これがメチャクチャ美味しかったです。


そして向付。お造り5種。
お寿司屋さんのお造りですから鮮度も味もお墨付き。
5種盛りというのが嬉しいところですが、一番手前の帆立にウニが挟まってるヤツがべらぼうに美味しかったです。


鉢肴。
焼き物にはなんと、マグロのカマ焼きが出て来ました。
普通は懐石には出さないけど、せっかくの機会なので!ということで、初カマ焼き。

メチャクチャ美味しいですね、これ!
軽い言葉を使えば「牛肉みたーい」ですが、「あ、いやいや、こんなうまい牛肉なかなかないで。」って感じ。
立場的には牛肉を食べて「マグロみたーい」と言わないと失礼なぐらいジューシーで美味しかったです。

もうこれ以上食うとこないやろ!ってとこまで食べ尽くしました。


もうないって言ってんのに、食べられるところ探してしまうのは貧乏癖が抜けないところですね。


こちらは強肴。
ロールキャベツと牛スジをシチューみたいなので煮込んだ物。
妻はこちらに大感激していました。


そして寿司!!

これぞ寿司懐石の醍醐味。
妻の好きなサーモンも盛り込んでくれていて、なんとも行き届いたお寿司です。

これで2人前というナイスボリューム。


こちらは汁物にあたる茶そば。
3種のきのこと牡蠣が素晴らしい風味を奏でていて、こちらも妻が出石の皿そば食べるみたいな勢いで食べていました。


最後は水菓子。

本来は単に果物が出されることが多いですが、友人ということもあり、そして子供が食べやすいようにと、柿と葡萄をジンジャーエールでこしらえたゼリーで固めてありました。

これ美味しすぎて、試作で作ったというジンジャーエールのゼリー部分だけの残りも出してもらって、食べました 笑

若い頃、少し小金があったころは、1人で懐石食べに行っていたほど懐石は好きなのですが、寿司も同じぐらい好きなので、寿司懐石はヤバイです。

これ中毒性あります。

先週の日曜日に食べたのにもう食べたい。

寿司懐石オススメですよ。

乙菊は竜王アウトレットが車で20分ほどの近江鉄道日野駅の近くです。

竜王アウトレットに行かれた際は是非。

乙菊ホームページ

2014年11月21日金曜日

ファッション業界を席巻する米原市の株式会社NANGA

本日のF-STREET CHIEF'S BLOGでも紹介しているのですが、滋賀県米原市のシュラフメーカーNANGAがものすんごいんです。

何が凄いかと言いますと、まずはシュラフメーカーということで、ダウンジャケットの機能面が凄い。

価格に対しての品質の高さが素晴らしい。
ファストファッションブランドなどの手により、中国ダウンで作られた安いダウンジャケットが販売され、ダウンジャケットもかなり低価格になってしまっていますが、ここのダウンジャケットはポーランドで取れたヨーロピアンダウンだけを使ったダウンで、しかもそのダウンの使用量が凄いので、メチャクチャ暖かい。

その機能面が評価されて、アーバンリサーチや滋賀のセレクトショップボーンフリーなどが別注商品を発売しています。

NANGAも機能面には自信があるけれど、デザインに関しては弱いので、そういったデザインを得意とするブランドやセレクトショップとのコラボレーションを積極的に展開されています。

いやー、素晴らしいですね。

会社は滋賀県米原市にあり、製品は中国などのアジアで作るのではなく自社工場で製造されています。

こういった素晴らしい滋賀の産業もこのシガハツではご紹介していければと思っています。

製品の素晴らしさについては本日ご紹介のF-STREET CHIEF'S BLOGでお読みください。

滋賀県の自慢です。

皆様もNANGAのダウンジャケットをぜひ!

超絶オススメですよ。

2014年11月18日火曜日

滋賀県に来たら味わってほしいラーメン屋4選

まだ滋賀県在住歴2年なので全然詳しくないのですが、美味しいラーメン屋さんが多いなぁ、と感じています。

そんなわけで、中でも個人的な滋賀県のオススメラーメン店4店をご紹介。

ガチンコラーメン 天下ご麺


我がシガハツの大半のアクセスを稼ぐ、元ガチンコラーメン道の藤井さんのラーメン屋さんです。


オススメは近江塩鶏麺。
和風であっさりで超美味しいです。

スープをそのまま飲んでも美味しいですよ。

※参考記事

ウチの家族はここのラーメンが1番好きです。


幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章


こちらは友人の知人の方がオーナーをされているラーメン屋さん加藤屋の暖簾分けのようなお店。
他にも滋賀県内や京都、大阪ににぼ次郎など、にぼしをウリにしたラーメン屋を展開されているグループです。


オススメは幻の中華そば。まぼちゅ〜。
こちらも鰹だしでアッサリの、魚の風味がたまらないラーメンです。

※参考記事


ととち丸


大津と草津の間、瀬田の閑静な住宅街の中にあるラーメン屋さん。
かなり入り組んだところにあり、初めて行くとかなりの高確率で道に迷うと思いますが、近くに龍谷大学などもあり、いつ行っても常に行列の出来ている人気店で、滋賀県名物ラーメン湖国ブラックを生み出したお店です。


アッサリやコッテリが、鶏ベース出汁、豚ベース出汁、魚ベース出汁の組み合わせによって作り上げられるラーメンはどれも絶妙の味です。

コッテリスープもゴクゴク飲めるほどスープが美味しい。


桃李路


石山の京阪石坂線の唐橋前駅そばにある桃李路と書いてとおりみち。
無添加をウリにあっさりからコッテリまで網羅するお店。


個人的なオススメはつけ麺。
コッテリスープに魚節粉のつけ麺としては王道の味です。

オーナーさんが研究熱心なのか、新メニューや季節限定メニューなどの登場も楽しく、微妙に反対方面なのでなかなかマメには通えないけれど、長い目で全メニュー制覇を目指しています。

まとめ

今回はこの4店を紹介しましたが、もっといろいろ紹介出来る様、これからも地道に食べ歩きます。
個人的なラーメン屋さんの楽しみ方は、最初にまず、そのお店の名物を頂いて、何度か通っていろんなメニューを試します。
そのお店の中のマイナンバーワンを決めて、いろんなお店と比較するのが好きです。

滋賀県においでになった際は是非、この辺り攻めてみてください。

2014年11月13日木曜日

牡蠣のオイル漬けを作るのが面倒だなって人は缶つまプレミアム「牡蠣の燻製 油 漬け」がオススメ

昨日、牡蠣のオイル漬けを自分で作ると美味しくてお得!って記事を書きましたが、自分で作るのはめんどいなーって方にはこちらがオススメ。


K&Kの缶つまプレミアムから、牡蠣を桜のチップでスモークしてオイル漬けにした「広島県産かき燻製油漬け」でござい。

これ、めちゃくちゃうまいです。
正直、自分で作ったのなんてまだまだ缶つまプレミアム広島県産かき燻製油漬けに比べたら全然ダメ。

他の同じような缶詰のオイル漬けの商品も試しましたが、これは群を抜いてます。

桜のチップで燻製にしてるのがたまらんす。

そしてそして、オイル漬けにしてるこの油がまたすげーいい香りで、さらに美味しいんですよ。

もうこれだけで飲みたいぐらいなんだけど、さすがにお行儀が悪いので、ササミとか鶏のムネ肉とか淡白なお肉ちゃんに絡めて食べてます。

勿論、セブンイレブンのサラダチキンもオッケー。


これまた淡白でムネ肉のくせにすげーやらかいので、もう桜のチップの香りのついたオイルとの相性がもう抜群。

缶つまプレミアム広島県産かき燻製油漬けは2度美味しいおつまみです。
値段は500〜600円ぐらいです。

自分で作るのがめんどいなーって方はこちらをオススメしちゃう。

ちなみにサラダチキンも缶つまプレミアムもBlog@narumiで取り上げられてて知りました。
ナイスなおつまみキュレーションブログ!


2014年11月12日水曜日

ソース味の牡蠣をオリーブオイルにぶち込むだけの牡蠣のオイル漬けはグンバ ツ にビールに合うし自分で作れば超お買い得。

皆さんが大好きな牡蠣の美味しい季節ですね。

ニュースキュレーションアプリ「グノシー」に掲載されていた牡蠣のオイル煮があまりにも美味しそうだったので、牡蠣を買って来て作ってみました。

ホンモノのレシピはこちら


こちら生牡蠣です。

本当は加熱用の方が良いのですが、近所のスーパーには生食用しかありませんでした。

生食用は一見新鮮!ってイメージなのですが、牡蠣の場合に限っては、生で食べられるようにする為、牡蠣を剥いてから一晩中水に漬け込んで、なんか悪い部分を吐き出させてるとかで、加熱用のものに比べ風味に欠けるんですね。

なので、加熱用が良かったのですが、なかったので仕方が無い。

てなことで、生食用でチャレンジ。

上の記事には、他にもニンニクだのオイスターソースだの、鷹の爪だのクレソンだかローリエだかの葉っぱとか、いろいろトリッキーな材料がいるんですが、そんな高尚なものを作るわけじゃなく、酒のつまみを作りたいだけなので、無い物は無くてオッケー。
世界一簡単な牡蠣のオイル漬けを作りましょう!

オイスターソースもウスターソースで代用しちゃう勢いで、作りました。
だって、牡蠣がオイルに浸かってれば、どうやったって美味しいでしょう?

てなわけで、無いものは無くて良いんです。
つまみなんて簡単なので充分。


牡蠣をグツグツ。火が通ればオッケー。

あとはオイスターソースがわりのウスターソースぶっかけて粗熱とって、オリーブ油に付けてかろうじてあった唐辛子の輪切りみたいなの投入して完成。


これは粗熱取り中の風景。
ちょっと加熱しすぎて牡蠣が小さくなりすぎちゃいました。

片栗粉を振りかけておくと小さくなりづらいらしいので、次はそれでチャレンジしてみます。


完成!

瓶もなかった…

瓶は欲しかった。タッパーでは見栄えが全然ダメ。


まあ入れ替えてしまえば大丈夫!

ないない尽くしで、とりあえずソース味をつけた牡蠣をオリーブ油にぶち込んだだけの代物ですが、ビールに抜群に合います。

ただ、ウスターソースの匂いがやや気になります。
ウスターソースの匂いなんて生まれてこの方気にしたことなかったですが、気になります。

ウスターソースは野菜が原料なので、牡蠣の風味をやや殺してしまいます。

ここは牡蠣がベースのオイスターソースが是が非でも必要ですね。

教訓です。

とはいえ、オイスターソースさえあれば多分、べらぼうに美味しいものと思われます。

材料費はほぼ牡蠣の分だけ。
700円ぐらいで晩酌3回分の牡蠣のオイル漬けを作れました。

超お得。

牡蠣のオイル漬け、オススメです。

2014年11月10日月曜日

滋賀県1位のラーメン屋「幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章」のナニが… べらぼうにウマかった。

何を持って1位かは微妙ですが、滋賀県のラーメン屋さん特集を見ると、いつも名前が出てくる「幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章」。
名前の通り大津市の県庁前にあります。
名前にインパクトのあるアドバンテージは別にして、とにかく1番よく見る気がするので、1位とさせて頂きますよ。

確か加藤屋というラーメン屋さんの暖簾分けされたお店だか支店だかなんですが、友人が本家の社長さんと友人とかで、大津バルというイベントの時に1度だけお邪魔してたんですが、ラーメンは頂いたことがなくて、ずっと気になっていたので行って来ました。

大津バルの時に行列に並んでいたら、スープがなくなったとかで、「幻の中華そばは完売しました。」とお店の方が告げに来られたら、他のラーメンがあるにも関わらず、並んでいた何人かのお客さんが帰って行ったので、もう
「幻の中華そばとやらはどんなにヤバイねん!」
と、相当気になっていて、憧れのような思いを持って行きました。


ドシーン。

こちらが、その噂の幻の中華そば。
略して「まぼちゅー」です。

鰹節の出汁でアッサリしてるけど、ちゃんとパンチがあって、超うまいです。
一味唐辛子的なのがちょっと掛かってるのがまた絶妙。

といっても、2枚あるうちの1枚のお肉ちゃんにかかっているので、辛いのが苦手な人は避けたら大丈夫!

シナチク太っ!
歯ごたえがあってうまい。

アッサリなので、飽きも来ず、ずーっと食べてられる。
繊細なお味です。

でも、今回は脇役でした。


こちらは一緒に頼んだチャーシューの細切れ丼的なの。

これうまっ!!

え、なにこれ?
これうまっ!!

チャーシューにしょうゆとか胡麻油とかが掛かってて、とにかくうまっ!!

これ小なんだけど、次はラーメン並盛りににして、チャーシュー丼大盛りにしたいぐらいうまいー!!

勿論、ラーメンに比べると繊細さはなく、ジャンキーなお味なんですけど、これうまいわー。

ずっと上着のポケットに入れといて要所要所でパクパク食いたい。

これもうほんまうまいわー。

ということで、幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章のチャーシュー丼がべらぼうにうまかったです。