自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年11月12日水曜日

ソース味の牡蠣をオリーブオイルにぶち込むだけの牡蠣のオイル漬けはグンバ ツ にビールに合うし自分で作れば超お買い得。

皆さんが大好きな牡蠣の美味しい季節ですね。

ニュースキュレーションアプリ「グノシー」に掲載されていた牡蠣のオイル煮があまりにも美味しそうだったので、牡蠣を買って来て作ってみました。

ホンモノのレシピはこちら


こちら生牡蠣です。

本当は加熱用の方が良いのですが、近所のスーパーには生食用しかありませんでした。

生食用は一見新鮮!ってイメージなのですが、牡蠣の場合に限っては、生で食べられるようにする為、牡蠣を剥いてから一晩中水に漬け込んで、なんか悪い部分を吐き出させてるとかで、加熱用のものに比べ風味に欠けるんですね。

なので、加熱用が良かったのですが、なかったので仕方が無い。

てなことで、生食用でチャレンジ。

上の記事には、他にもニンニクだのオイスターソースだの、鷹の爪だのクレソンだかローリエだかの葉っぱとか、いろいろトリッキーな材料がいるんですが、そんな高尚なものを作るわけじゃなく、酒のつまみを作りたいだけなので、無い物は無くてオッケー。
世界一簡単な牡蠣のオイル漬けを作りましょう!

オイスターソースもウスターソースで代用しちゃう勢いで、作りました。
だって、牡蠣がオイルに浸かってれば、どうやったって美味しいでしょう?

てなわけで、無いものは無くて良いんです。
つまみなんて簡単なので充分。


牡蠣をグツグツ。火が通ればオッケー。

あとはオイスターソースがわりのウスターソースぶっかけて粗熱とって、オリーブ油に付けてかろうじてあった唐辛子の輪切りみたいなの投入して完成。


これは粗熱取り中の風景。
ちょっと加熱しすぎて牡蠣が小さくなりすぎちゃいました。

片栗粉を振りかけておくと小さくなりづらいらしいので、次はそれでチャレンジしてみます。


完成!

瓶もなかった…

瓶は欲しかった。タッパーでは見栄えが全然ダメ。


まあ入れ替えてしまえば大丈夫!

ないない尽くしで、とりあえずソース味をつけた牡蠣をオリーブ油にぶち込んだだけの代物ですが、ビールに抜群に合います。

ただ、ウスターソースの匂いがやや気になります。
ウスターソースの匂いなんて生まれてこの方気にしたことなかったですが、気になります。

ウスターソースは野菜が原料なので、牡蠣の風味をやや殺してしまいます。

ここは牡蠣がベースのオイスターソースが是が非でも必要ですね。

教訓です。

とはいえ、オイスターソースさえあれば多分、べらぼうに美味しいものと思われます。

材料費はほぼ牡蠣の分だけ。
700円ぐらいで晩酌3回分の牡蠣のオイル漬けを作れました。

超お得。

牡蠣のオイル漬け、オススメです。

0 件のコメント:

コメントを投稿