自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年11月26日水曜日

ブログが長続きしない人に…

昨日のアクセス解析を見ていると「ブログが続かない」というキーワードで検索して、このブログにアクセスして来られている方がおられましたので、シガハツ半年、F-STREET CHIEF'S BLOG約5年やF-log1年と三つのブログをやり続けている私からアドバイスを。

ブログを始めて、そのうちやめちゃう原因の1番大きな理由は「アクセスが来ない」事ではないかと思います。

だからといって、ブログを始めた段階でアクセスの稼ぎ方だとか、SEOだとかを学ぶのは間違いです。
正確に言うと間違いである可能性が高いです。

それを学んで生かせる人もおられるかもしれませんが、基本的には調べて分かったつもりになるだけ。
それで満足してしまって、何も書かない事すら出てきてしまうのではないでしょうか。

まず最初に必要なのはテクニックではなく、ブログを続けられる考え方ではないかと思います。

と言っても、ブログを好きになれ、とか文章を書くことを好きになれ!とかではなく、ブログは蓄積型のコンテンツだということを認識する事が大切です。

ブログを書けば記事が蓄積されて行きます。
書けば書くほど、自分の書いた文章が世の中に出て行きます。

最初は全くアクセスもないことでしょう。
このシガハツも、F-STREET編集長という身に余るほどの追い風と1280人ほどのフォロワーがいるTwitterアカウントのお陰で少しはアクセスがありますが、それでもアクセスは日に70PV程度です。

でも、私が書いた記事は毎日増えていきます。
その記事の一つがもしかしたら誰かの琴線に触れて、これから読んでもらえるかもしれない。

そして、何より記事や文章が増えれば増えるほど、検索エンジンにも引っかかりやすくなります。

例えば、500文字しかない文章と、50000文字ある文章、どちらが検索エンジンで検索した時に掛かりやすいでしょう。

文章の質の問題や検索ボリュームの問題もありますが、基本的には50000文字ある方が使われている語句も多く、検索されやすくなるのは想像出来ますよね。

更に、検索エンジンは500文字しかない文章より50000文字ある文章を評価しやすい特性もあります。

つまり、記事を書けば書くほど、文章を書けば書くほど、文字を打てば打つほどアクセスは来やすくなっていきます。

つまり、初期はアクセスがなくてもとにかく記事を書いて蓄積させていくことが大事なのですが、蓄積させていくには、その蓄積させていく目的や理由を知ることで、蓄積させていくモチベーションを高く保つことが出来ます。

まずはブログは蓄積型のコンテンツだと認識し、アクセス数という結果を求めず、何文字書いた、何記事書いた、という蓄積、積み重ねに満足感や達成感を求め、それがある程度の数になった時点で、アクセスの稼ぎ方みたいなテクニックを知るのが良いというのが、ブログが続いている私の考えるブログの続け方です。

さあ、皆さんもドンドン蓄積させて行きましょう。
あなたがボーッとしている間にも私はドンドン蓄積させていますよ!

ちなみにこれが公開されているのでは99記事目です。
蓄積してます。

以前に同じようなテーマの記事を書いておりますので、こちらもご一緒にどうぞ。





0 件のコメント:

コメントを投稿