自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年12月29日月曜日

「梅木雄平さんに酷評された英語学習アプリ」ざっくり英語ニュースSTUDY NOWが超いい!

Twitterにこのような記事が流れてきました。

梅木雄平さんに酷評された英語学習アプリをリリースしました。なんかすいませんでしたwwww


夏ぐらいに元ネタとなった記事「The Start Upの梅木雄平さんにコンサルを依頼した結果wwwwww」という記事を読んでおり、ほぉほぉと興味深く読んだ結果、んじゃ、その英会話学習アプリとやらを使ってみましょうよ、と思いまして、ダウンロードしてみました。


英語ニュースと、非常にわかりやすいアプリ名。

どんな事になってるのかと言いますと、最初はこのような画面。


国内ニュース記事が英語の見出しで並んでいます。
とりあえず理解しやすそうな記事を選んでみると…


福山雅治さんがオールナイトニッポンをやめまっせって記事。



これが、livedoorニュースの「ざっくりいうと」みたいな感じでまとめられていて、数行の英文のニュースになっています。


これいい!
全然英会話に自信のない私にも無理なく読めるサイズになっており、いくつかわからない単語もあるけど、なんとなく理解出来る。


その下には日本語訳が。
わかりやすーい!


さらに単語解説も!!
エクスプレインとかエクスハウステッドとか勉強になるわー。
クイッティングも、ああ、そう言えばそんな単語だったなーみたいな感じ。


用法の解説までついてる!
至れりつくせり。
これ、超いいですよ。

更にはカテゴリーにも分かれている。


興味のあるニュースで英語のお勉強が可能です。

私はスポーツ大好きなのですが、もちろんスポーツもあります。


凄〜い!
これいいわー。

まだ試してないけど音声でも聞けるっぽい。ヒアリングも鍛えられる!

ちなみに谷町九丁目で作られているらしい!へーっ!!
大阪!!

アプリは「ざっくり英語ニュース STUDY NOW」というみたい。

超いいので、オススメでーす。

2014年12月22日月曜日

将棋界の羽生さんが最近凄すぎるのよ。

将棋界ナンバー1騎士と言えば、ここ30年ぐらい羽生善治現四冠王の独壇場なわけですが、ここ2年は20回目ぐらいの全盛期を迎えているといっても過言ではありません。

とにかく棋神の如き強さ。
鬼畜眼鏡の名を欲しいままにしています。

ここ2年の羽生善治四冠の鬼畜眼鏡っぷりを表すツイートをご紹介します。

itumon (@itumon)
羽生善治 2013  2014
竜王戦  ベスト4   挑戦者決定戦敗退
名人戦  挑戦・敗退 挑戦・奪取
王位戦  防衛    防衛
王座戦  防衛    防衛
棋王戦  ベスト4   挑戦者決定戦以上
王将戦  挑戦・敗退 挑戦者決定戦以上
棋聖戦  防衛    防衛

itumon (@itumon)
こう書くと色々おかしいけど、もうこう書かなくても色々おかしい^^

itumon (@itumon)
羽生善治四冠(名人・王位・王座・棋聖)が初めてタイトル取った1989年12月の竜王戦を基点とすると、2014年12月までに行われたタイトル戦は計算を間違っていなければ179期、羽生四冠の獲得数は90期。と半数以上になる

itumon (@itumon)
うっそだろ

こちら、Twitterで有名なitumonさんのコメント。

itumonさんはSNSが流行る前、2ちゃんねるの将棋板で、異常に読みの鋭い強い人がいるということで話題になり、いつもの人として有名になった方で、一説では元A級棋士だとか、史上最年少の18歳という若さでタイトルを獲得し、世の中を「うっそだろ」と言わしめた人という噂がありますが、真相はゴニョゴニョです。

そのやし…itumonさんを「うっそだろ」と言わしめた羽生四冠は本日、棋王戦の挑戦者決定戦を戦っておりますが、3日後には王将戦の挑戦者決定戦を控えております。

この2つに勝ち上がると、今期は挑戦者決定戦で敗退した竜王戦以外、全てのタイトル戦に登場…という、もはや将棋は羽生で出来ているといっても過言ではない状態です。

両方勝ち上がると、年始からは棋王戦と王将戦を同時進行で戦いつつ、春からは自身の持つ名人戦を皮切りに4タイトル連続防衛戦を控えており、これからずーっと羽生のターンです。

しかもしかも、22日に棋王戦挑戦者決定戦を戦って、25日に王将戦挑戦者決定戦を戦う過密スケジュールの中、27日から来年5日までスウェーデンのストックホルムで開催されるチェスの世界大会にもYoshiharu Habuの名がエントリーされていることが話題になっております。


うっそだろ

羽生四冠は日本人で1番チェスの強い人でもあります。

でも、それにしたって、この過密スケジュールでスウェーデンで大会に出るとか…

羽生四冠の頭の中はどうなってるんでしょうね。

羽生さん凄い。
天才ってのはいるんですね、やっぱり。

※後述
棋王戦挑戦者決定戦勝ち上がり、年始からの棋王戦挑戦と、ストックホルムでのチェスの大会への参戦が決まったようです 笑
いやいやいや。すごいなしかし。

※更に後述
羽生四冠のスウェーデンでのチェスの結果は4勝3敗2分だったようです。


負けからスタートし、引き分け、引き分け、負けと、最初の4ラウンドを2敗2分でスタートしたのが響き、最後は連勝フィニッシュで勝ち越しましたが、IM獲得まであと一つと迫っているIMノーム獲得はならなかった模様。
レーティングは2398に後退。
羽生四冠は挑戦の決まっている2月から開始の棋王戦を皮切りに10月まで5タイトル連続で番勝負が控えているので、チェスの大会は来年まで封印のようです。

その後も挑戦最短距離にいる王将戦や竜王戦の挑戦者になる可能性も大いにあり、IM獲得はまたずーっと先の野望になりそうです。

2014年12月16日火曜日

ガチンコラーメン道でお馴染み天下ご麺に行ってきた。

過去にもレビューを書いていますが、夫婦で滋賀県大津市にありますガチンコラーメン道浜大津店に行ってきました。

その昔、TOKIOのガチンコという番組で「ガチンコラーメン道」という企画があった時に「神輿やないねんから!」の名台詞でお茶の間に強烈な印象を植え付けた藤井さんのお店です。


その後、ガチンコラーメン道の師匠役だったラーメンの鬼佐野実さんに師事し、その後、滋賀県で独立されました。

私は気に入ったお店は何度も行き、全メニューを食べて1番を見つけるタイプで、天下ご麺は家族でお気に入りでして、今回は夫婦2人で行きました。


今回、注文したのは「えび味噌麺」。

海老大好き、甲殻類大好物の僕には最高にそそられるメニューです。

海老を削ったもののようなものがまぶされていて、非常にいい香りがします。

ダシの味噌にパンチがあるので、海老の香りだけってわけでもなく、また海老が味噌に負けない個性を発揮していて良いハーモニーを奏でています。

あと、炙りチャーシューやネギ、卵、小松菜などの具が非常に良いものを使われてるんだろうな、と感じさせられるぐらい、それぞれに個性があって、味噌に負けない存在感を出しています。

非常に美味しい一杯でした。

更にこちらも注文。


炙りチャーシュー丼。

炙りチャーシューが相当美味しいので、勿論、こちらも期待を裏切らないお味です。

炙りチャーシューが香ばしくって美味しい。


そして妻はこちらを。
だし豚つけ麺。

ちょっと食べさせてもらいましたが、豚骨ベースに魚の削り節がマッチするつけ麺としては王道の味でした。

これ大盛りじゃなくこのボリュームなんですが、大変ボリュームがあり、妻は食べ切れませんでした。
まあ、食い意地張って、待ってる間に私のラーメンや炙りチャーシュー丼、そしてこちらも食べてたので当たり前ですが。


TKGです。

見ての通り、気持ちお米が潰れ気味ですが、卵と混ぜちゃうので、まああまり関係なしですね。

青のりが乗ってて、これがハマりました。
香りが良くて、塩気もあるので美味しい。

翌日から我が家で大ヒット。
家でもこれやっています。

今回も夫婦で大満足の天下ご麺でした。

ちなみに天下ご麺さんも登場するこちらの記事もよろしくお願いします。




2014年12月15日月曜日

ピエリ守山に行く人!琵琶湖大橋は右側車線を走るとメロディーが流れるよ。

間もなく、明後日17日に元廃墟モールピエリ守山がオープンしますが、大阪や京都方面から車で行く時は京都東から西大津バイパスに乗り、真野ICまで行き琵琶湖大橋を渡るのが便利です。

この琵琶湖大橋。
大津市と対岸の守山市を繋ぐ橋で琵琶湖を渡るのですが、琵琶湖大橋は景色が非常に綺麗です。
琵琶湖が一望出来るので、ついつい琵琶湖大橋を渡る時は左側車線を走りがちです。

右側車線だと欄干まで距離があり、あまり綺麗な景色が堪能出来ませんからね。

なので、左側車線が混みがち。
その左側車線の渋滞緩和を狙ってかどうかはわかりませんが、2009年から右側車線(追い越し車線)を制限速度で走るとある音楽が流れるメロディーラインというものが採用されています。

このメロディーラインは道路に細工がしてあり、車のタイヤと道路が接すると音が流れる仕組みになっています。

流れるのは滋賀作なら誰しもが1度は歌ったことがあるけと、1度しか歌ったことがない人が多数いる琵琶湖周航の歌。
滋賀のご当地ソングだが、そうしょっちゅう耳にするものではありません。

滋賀県の小学生は全員5年生になると、フローティングスクールといって、学習船うみの子に乗船し、一泊二日だったか二泊三日だったか忘れましたが、琵琶湖を周航しながら琵琶湖のことを学習するイベントがあります。

この時に確か、船でこの歌を歌います。

そんな滋賀県民の魂とも呼べる琵琶湖周航の歌を橋を渡るだけで聞けるチャンス!!

是非、琵琶湖大橋を渡る時は右側車線を走って見てください。

ただし、ピエリ守山は琵琶湖大橋を渡ってすぐ左側なので、右車線にいるとやや厳しめの車線変更を余儀無くされる可能性がありますので、この辺りは様子を見ながら、安全運転でピエリ守山にいらっしゃい!!

近畿の皆さんは一人一度はピエリ守山に来てくださいね。