自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2014年12月24日水曜日

ちょっとづつの失点が大きな差になるので手を抜いちゃいけない!

これは自戒というか、自分に言い聞かせたい考え方です。

仕事関係である企業の営業の方がおられます。
現在、その企業に仕事を振るかもしれないという可能性がある状態なこともあり、時々顔を出してくださいます。

特に態度が大きかったりキツかったりするわけでもなくて、ちゃんと営業もされているのですが、でも、なんか残念なんです。

例えば定時の2分後ぐらいにいつも来る。
私は勿論、定時に上がるべく後片付けとかして、さあ、あとは鍵を締めるだけ!って時に、コンコンとノックしてくる。

まあ、そんなに長時間話すときがそうそうあるわけではないので、特に大きな問題はないんです。
帰りの電車が1本遅くなるぐらい。

でも、毎回、そんなタイミングで来られます。
一回一回は特に気にしてないんですが、さすがに何度も続くと、
「この人はギリギリにしか来ないな。」
という印象になります。

そこで一言、
「こんな時間にすいません。」
とあれば、幾分か印象は変わると思います。
でも、それもないので、
「そういうとこに気が利かない人なんだなぁ…」
となんとなく思っています。

だからと言って問題はないんですよね。
そんな一言、あったってなくたって、特に何も変わらないので。
失点してるとしたら1点ぐらい。
でも、なんとなく「気が利かない人なんだ」と思ってしまっています。

その方は煙草を吸われるようなんですね。
でも、営業に来られた時に目の前で吸われるわけではないので、全く問題はないんです。
ただ、少し煙草の臭いがするので、「煙草吸うんだなぁ…(営業なのに)」
と思ってしまっています。

多分、他にも煙草を吸う営業さんもおられるし、同僚の中にも喫煙者はいるし、自分も禁煙成功してまだ5年半ほどなので、威張れるわけでもないし、そんなに悪いことでもないはずなんです。

でも、他の事と複合して(営業なのに)と思ってしまっています。

その方は一度、こちらの質問に答えられなかった事があります。
そんな事は実際には日常茶飯事で、営業さんも全てを知ってるわけではないので、会社に帰ってから調べて連絡をくださったり、まあそんなことは当たり前のようにあるんです。

でも、ちょっとちょっとが積み重なって、それすらも「この人、あれ答えられなかったよな。」と思ってしまっています。

特に問題のない営業さんなんです。
けど、ちょっとづつの積み重ねで、出来たら担当を変えて欲しいなぁと思ってしまっています。


反対に僕が携帯電話の事でお世話になっているソフトバンクの販売の方は凄いんです。

以前、「ソフトバンクの店員さんが神対応だったのでiPhone5sにしました」という記事を書きましたが、先日、妻の携帯料金を私の口座から落ちるように変更しに行きました。

その際も、こちらが普通の会話の中でチョロっと言った疑問点を全て理解出来るようにしてくださったり、子供達には「ガチャガチャやる?」とガチャガチャをさせてくださったり、お菓子をくださったり、今度、転勤になるというご挨拶もしてくださったんですね。

その人は何が素晴らしいのかというと、特にね、何かに影響することではないんです。
ただ、全てにおいて全力でやってくださるんですね。

ガチャガチャなんてあろうがなかろうが、用があればソフトバンクに行くし、用がなければ行かないんです。

疑問点だって、何も日常で困ってるわけでもなんでもない、ほんの些細な疑問なんです。
別に解決しなくても何も困らない。

でも、全てにおいて全力でやってくださることが素晴らしい。

転勤されるご挨拶を頂いて、
「じゃあ、今度からそっちの店に行きます。」
と言ったら嫁とその方は笑っておられましたが、私は割と本気。
今度からそちらに行きます。

だからね、ちょっとづつの差がとても大きな差になるので、全てにおいて全力でやらないといけないな、と思った次第です。

ついつい手を抜く癖があるので、本当に肝に銘じて頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿