自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年1月30日金曜日

アパレル業界も人材不足時代?

数年前、古着屋の販売員は決して給料が高いわけではないけど人気職種で、販売員になりたい人は多数知ってましたが、募集している古着屋さんはほとんどありませんでした。

それが最近は募集をよく見かけるし、それも結構長い間募集されていたり、採用も募集してすぐにとは行かなくなってきているように感じます。

一つにはこの数年で大阪の古着屋さんが一気に増えていることと、そして古着屋JAMやGRIZZLY、PIGSTY、TAU、ACORNといった急成長された古着屋さんの存在が多数あることが一つの要因ではないかと思います。

更にもう一つは若者の数が減っていることで世の中が慢性的な人材不足時代を迎えており、販売員以外にもたくさん魅力的な職業がある事も原因かと思います。

こうした流れはアパレル業界全体にも波及していると思われ、今後、益々、その流れは加速するのではないかと思われます。

そうすると、個人営業の多い古着屋業界はさらなる人材確保に苦戦を強いられると予想されます。

経営はうまく行ってるのに人材が確保出来ずに閉店されるお店とか、また良い人材が確保出来ずに思い通りの展開が出来ない古着屋さんをなくしたい。

ゼンリキで古着屋をやってもらいたい。

元々、私が運営する古着屋情報サイトF-STREETは、当時減少傾向にあった古着屋さんがこれ以上減ってほしくない!古着屋さんを増やしたい!という思いがキッカケでした。

となると、必然、自分自身の次にやるべき事が見えてきたんじゃないのだろうか、と思い立ち、「f-job.org」のドメインを取得しました。

何をやるかはまだ決まっていません。
でも、それをあーでもないこーでもない、と考えている時間は本当に楽しい。

古着屋さんに無料で人員採用に活用してもらいながら、販売員やアパレル業界に興味ある人に有益な情報を提供して、きちんと収益化をして永続的なサービスを提供する。

そんなことが出来たら良いなぁ…と思いながらいろいろ思いを巡らせています。

こうしてアイディアが湧いたり、何かを思いついてとことん考えたりすることはよくありますが、勿論、そのほとんどは実現出来なかったり、出来そうでも自分のモチベーションが湧かなかったりしてしまうことも多々あります。

でも今回はもうドメインを取得しました。
しかももうすぐ円安の影響でドメイン代が上がるので四年契約しました。

今回は何かの歯車が噛み合ってる感じがします。

0 件のコメント:

コメントを投稿