自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年2月4日水曜日

大阪から滋賀に移住して感じた滋賀あるある

1.滋賀は凄く遠いと思われてる。
滋賀から来てるというと大阪の人にものすごく驚かれます。ミナミならまだしも、梅田界隈で飲んでても。
滋賀は大津市だと大津駅から大阪駅まで40分ぐらい。
普通に南海沿線の南大阪や東大阪の人達に比べたら近いぐらいです。
終電は大阪駅0時発の新快速です。
堺市や泉大津市に住んでた頃はミナミで、難波が0時発。
梅田界隈だと23時45分に乗って難波駅で猛ダッシュでした。
滋賀は近いんですよ。

ちなみに今週の金曜日も大阪で約束があり、これで5週連続週末大阪で飲み。
それはさすがにちょっと疲れてきました 笑

2.渋滞が多い。
これは意外に思われる方も多いかもしれませんが、滋賀県は大阪に比べると渋滞が多いです。
といっても、恐らくこれは大阪の交通事情が良すぎるんですね。
交通事情は勿論、群抜きで大阪の方が多いですが、大きな幹線道路が何本も走ってて、交通事情が素晴らしいので案外渋滞はしない。

ところが滋賀県は人口増加地域なのに交通事情が追いついていないので、週末は至る所で渋滞が…
特に、草津市から大津市に抜ける道はやばいです。
そもそも滋賀から京都に抜ける主要道路である国道1号線が対面1車線づつっていう交通事情の悪さ。
そこは道路族の大物二階衆議院議員率いる二階派の大岡さんが国会議員なのですが、まだ力がないのか、161号線の工事程度の実績しかありません。

ただ交通事情の悪さは妻の実家のある兵庫県加古川市もかなり悪いので、これはまあ、大阪が恵まれすぎなんだと思います…が、しかし1号線が対面通行はいけてませんね。

3.すげー寒い
滋賀と大阪は同じ近畿地方ですが、滋賀県は物凄く寒いです。
大阪にいた15年で雪を見たのは数えるほど、積もったことなんてほとんど記憶にありませんが、滋賀県はガンガン雪が降ります。
携帯の天気予報アプリには滋賀県と大阪の天気予報を表示させていますが、常時、滋賀の方が2度低い。
2度違うと相当違います。
ただ、そのお陰で冬は冬らしい生活が出来たり遊びが出来たりもするので、こればっかりは寒くてオッケーです。
その分、夏は涼しいですからね。
ど真ん中に命の源琵琶湖がありますから、京都のような盆地の暑さとも無縁です。

4.野菜が美味しい。
滋賀県は野菜が美味しいです。
残念ながら海がないので、海の幸は比較的高めですが、野菜は誰からともなくたくさんもらいますし、美味しい。
輸送技術の発達で昔のように、美味しい魚が食べられないというわけではありませんので、そこは救いですね。

5.昆虫がいっぱい。
滋賀県は自然がいっぱいありますので、昆虫がたくさんいます。
トンボやチョウチョ、ミヤマカミキリムシ、カマキリなど、普通に庭先に遊びに来ます。
昆虫が過ごしやすいということは、人間も過ごしやすいはずです。
不思議と蚊の数は特に差があるようには感じません。
これは驚きでした。

6.琵琶湖におんぶに抱っこ
滋賀といえば琵琶湖です。
その為か、やたらレイク◯◯とか、湖の文字のつく名前のお店や施設が多いです。
物凄くおんぶに抱っこ。


まだまだありますが、時間がなくなったので今日はここまで。




0 件のコメント:

コメントを投稿