自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年3月27日金曜日

10代や20代前半の君達の1年や2年のロスなんて屁でもない。

そろそろ新生活の季節ですね。
この春から大学生になる!社会人になる!という方も多いのではないでしょうか。

その一方で、様々な事情でもう一年頑張ろう!という方もおられることでしょう。

私の周りにも、大学入試失敗してしまった後輩や、国家試験に落ちてしまった後輩がいます。

しかも2人とも二浪目になります。

2人とも当然落ち込んでいます。
当たり前です。

ちなみに私は19〜20歳の時通った学校をクビになっています。
除籍放校処分というやつです。

21歳は浪人。
26歳で卒業延期になり27歳で国家試験浪人をしています。

つまり18歳から30歳の間の最も充実するはずの12年間で5年もロスしています。

その12年間の自分を漢字3文字で表すなら金酒女でしょうか。

ダメなやつです。

そんな自分が、今、自分の勉強会で大学生さんや大卒の皆さんの前で話をしたり、専門学校で教壇に立っているのだから人生とは不思議なものです。

勿論、その12年を必死に頑張っていたらもっと凄い結果が出ていたかもしれない…のですが、まあ、自分が今、18歳に戻っても、今までの人生とそう大差のない人生を送ってしまうでしょう。

その12年を後悔しているかと言うと、そうでもないんですね。

私の友人が「全ては必然なんだ」とよく言うのですが、本当にその通りだなと思います。

5年ぐらいロスしてしまう人間なんです。

今となっては、あのロスがあったから、この能力が身に付いたな…とか、あそこでロスしたからこそ、あの人に出会えたんだな…とか、ロスをしたなりに何かを得ています。

人生には「たられば」はないので、ロスする事も必然だったんだと思うんです。

じゃあ、それを喜んで受け入れて生きれば良いかと言うと、そうではなくて、その調子でボーっと生きてると、昨日の記事ではないですが、何もしないまますぐにお爺さんになってしまいます。
人生で数十年ロスしてしまいます。

そのロスした5年間で得られた最大のものは「これじゃダメなんだ」という教訓のはずです。

それこそが人生経験。

その教訓を糧にロスした分を取り返せば良いのですよ。

10代20代でロスしたぐらいのこと、屁でもありません。
あとで余裕で取り返せますよ。

ええ経験したわ!と適当に受け入れて今を頑張って生きれば大丈夫っす。

ロスしてない私の同級生で同じように医療業界に入ったやつ達を見ても、誰一人羨ましい人間はいません。

10代20代でロスしないように必死に頑張って他の事を学べずに頑張り疲れた彼らに圧倒的な差を付ける。
今の私のモチベーションです。

スムーズにロスなく行った同級生の彼らを「俺の養分達め!」と思って見てやれば良いんです。

あと1年、頑張る皆さん、頑張ってくださいね!
まだまだ貴方達には数十年取り返すチャンスがあります。
1年ぐらいヘープーですわ。


鈴木君、頑張れ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿