自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年3月24日火曜日

当たり前だけど20代をダラダラ生きるとすぐにおじさんになるけど、30代をしょうもない値打ちこいて生きるとすぐに爺さんになるよ。

20歳になった時、11歳上の大田くん(通称井原)が
「20歳越えるとアッと言う間やで」
と言っているのを聞いて、
「ハイハイ、またそれですか。10年は10年ですよ。ミニにタコですよ。」
とかって姿勢で、適当に聞いていましたが、アッと言う間ですわ。

当時の友達と久しぶりにFacebookで再会した時にしたやり取りの一部がこちら。


ご覧の通り、アッという間に、ええ歳になります。

既出通り、20代をダラダラ過ごしてしまった私は大損ぶっこいてるわけです。
あの時、やってれば…なんて考えたらキリがないぐらいありますよ。

でも、もう戻って来ないんですよね、20代。

その戻って来ない20代に想いを馳せるのも案外素敵なんですけど、ボーッとしてると次の20年後は60歳間際…!!
ちょっと、想いを馳せてる時間はないですわ。

30代になるとね、値打ちこくんですよね。
そして状況も難しくなります。

やりたいくせにやりたいと言えなかったり、家族や生活のことで背負ってるものが重くなって立ち上がれなくなったり…でも、今はそれで一歩踏み出せなかったり、立ち上がれなかったりしても、そんなに問題ではないんですよね。

今は、何もしない方が楽だから。
それに何もしなくても特に問題はないし、やったところで結果が出るかわからないし。
でも、20年後、きっと気付くんです。
あの時やっとけば良かったって。

つまり、それが今の自分で、60歳間際になって、また同じ思いをするわけには行かないんですよね。

そんなわけで、私は来月、岡山に行きます。
宣言したので行きます。

行ってプラスになるのかなんてわからないし、行かなくても特に現状、問題ないし、まあ今のままなんですよね。

でも、行けばもしかしたらチャンスがあるかもしれない。

当たらないかもしれないけど、もしかしたら振ればホームランになるかもしれないボールをちゃんと振る30代にして行きます。

ホームラン打ちますよ。いつかは必ず。

0 件のコメント:

コメントを投稿