自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年3月18日水曜日

固定観念を取り払おう。

なんとなく自分の中で毎日のルーチンが出来上がって来ていて、毎朝の通勤電車でF-STREET CHIEF'S BLOGを書く、昼休みにはTwitterの投稿予約などSNS関連のことをする、帰宅の電車ではシガハツを書く。

家に帰れば食事をして、子供と遊んで、お風呂に入り、子供が寝室に行ってからはF-STREETやF-logを管理・更新する。

火曜、金曜、土曜は一時間晩酌をして、その間に録画したテレビを見る。

毎日、しっかりと作業を継続するには、こうした自然なルーチン化は効率的で、また継続にも効果があります。

ただ、ふと思ったのは、ルーチン化しすぎてきて、慣れてきて、悪い意味でもそれが当たり前になってやしないか?という懸念。

自分自身、このルーチンが悪い意味で固定観念になってきていて、帰宅の電車でシガハツをいつもより早く書き終えたからって、それで安心して、グノシーやスマートニュースを見て時間を潰していたりする。

いやいやいや…誰がシガハツは1日に1本て決めたの?と。

別に2本更新したって良いわけで、大方の場合、1本より2本更新した方が僅かでも良い可能性が高いんです。

じゃあ、もう1本更新しろよ!と。
それが本気ちゃうんか?
と、この間思って、自分の中でしっくり来てなかったので、今日はこうして2本目を更新しています。

自然に出来上がったその固定観念は悪です。基本的に。
じゃあ、その固定観念を取り払おうぜ!と。

基本的なルーチンはこれからも守って行きたいと思っていますが、その中で、固定観念を言い訳にしてサボってた時間を有意義に使おうぜ!というわけです。

ほとんどの人が可処分時間としてゲームアプリに興じたり、お喋りしたり、ニュースアプリを眺めている間に僅か1ミリでも前進する。それが今年の目標である「本気を出す!」という事ではないかと思うのです。

本気も出してないくせに自分の力を過大評価して、それに寄りかかって努力をせず、人一倍サボり、ただただ遊んで暮らした20代の自分を反面教師に、自分の力のなさを認め、他の人より1ミリでも前進する努力をして、毎日少しでも進歩し、努力してきた人やサボらず毎日を頑張って生きて来た人にたっぷりと付けられた差を1ミリでも追い上げる。

そんな努力をしたいと思った、そんな雨の日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿