自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年3月20日金曜日

賃貸か持ち家か。

賃貸か持ち家かという議論をよく見ますが、どちらかというと、そういう議論は賃貸派の人か、現在賃貸の人が活発に書かれているように思います。

じゃあ、持ち家派はどうなのよ?ということで、持ち家な私が考えるメリット・デメリットを考えてみようと思います。

まず、持ち家にして良かったなぁ、と思うのは、子供がノビノビと出来ているなぁってところでしょうか。

それまでは大阪の賃貸住宅とかに住んでたので、下の階の人やお隣さんの存在を常に気にして生活していましたが、今は多少、大きな音を立てたりしても問題ありません。

あと、長女がピアノを習い始めたので、ピアノなんかも持ち家の方がノビノビと弾けると思います。

あと、マンション派か一軒家派かみたいなところになってしまうのですが、狭いながらも裏庭があるので、そこでバーベキューをしたり、シャボン玉をしたりと、ノビノビと遊んでくれています。

あと、ローンはそんなに高くないというところも良い点ですね。
うちは月々5万円ちょっとを払っていますが、賃貸時代は確か、共益費や駐車場を入れると8万円ぐらい払っていました。

その分、家のメンテナンスなどは自分でしないといけませんが、なんとなく毎月の支払いが抑えられているのは嬉しいです。

また、理解出来ない方もおられると思うのですが、家を自分が好きなように出来るというのは、私のような人間には嬉しいポイントです。

屋外にヴィンテージの看板を付けたり、和室を洋室に変えてみたり、まあ、好き勝手に家をいじくっています。

これは賃貸ではなかなか出来ないポイントかなぁと思います。

また、書斎があるのも大きいですね。

四人家族で賃貸だと、書斎を作れるような部屋を借りるには相当な金額がいります。

まあ、メリットを一言で表すなら「生活が楽しい」というところかなと思います。

ではデメリットはどうかと考えると、自分なりに最もデメリットに感じているのは、定住しなければいけないというところ。

大阪から滋賀に移住しましたが、今度、何かの拍子に大阪に住みたくなっても、気軽に動くことは出来ません。

勿論、家を売っぱらうなり、2軒所有するなりすれば大丈夫ですが、そんな大富豪みたいなことはなかなか難しい。

そういう機動力が失われるのは大きなマイナスです。

資産価値が減るものに投資をするという指摘に関しては、賃貸は資産にならないものにお金を払い続けないといけないので、一概に悪ではない気もしますね。うちは残りのローン代は、土地代だけでも事足りそうなので、土地に関しては特にうちのような地価がどんどん高騰しているような地域に家がある場合は心のゆとりに繋がります。

じゃあ、貴方はどちら派なの?と聞かれれば、やっぱり持ち家派です。

お金とか損とか得とかはあまりなくて、裏庭でバーベキューするのん楽しいですよ。ってところですかね。

明日、暖かくなるようなら、今年一発目のバーベキューがやりたいなぁと思っています。


飯盒を使うのが楽しみ!

0 件のコメント:

コメントを投稿