自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年4月6日月曜日

発信する者は特別な出会いに恵まれる。

以前、古着屋JAMの福嶋社長から、面白い情報は発信する人の所に集まるというお話をして頂き、大変光栄であると共に、自分の中の大切な言葉としてインプットさせて頂いたのですが、最近、感じているのは、発信すると人との出会いにも恵まれるということです。

そんな出会いがあったので紹介させて頂きたいと思います。

昨日、とある大学生さんとジャパンブランドに関することでTwitterでやり取りをさせて頂きました。

このやり取りが非常に有意義で、自分の中にあった漠然とした考えや気持ちが整理されて、また若い方の熱い気持ちに触れられて得るものが多かったのです。

やり取りが始まったのは、僕のこの発言。

K編集長 (@kzm_fst)
ユーズドインジャパンはどうなんだろうな。消費者がわざわざ「日本人が使ったものなら程度が良い(モノが良い)。」なんて慮るとは思えないし、そういう発信をしてるなら、すぐに幻想に気付くんちゃうかな。

K編集長 (@kzm_fst)
ユーズドインジャパン=中国製の山
ユーズドインジャパン=日本では売れないモノ(ゴミ)
だと、まあ、今は途上国で売れても、すぐに相手にされなくなる気がする。

この発言に対し、名古屋でフリーペーパーを発行する活動をされている大学生さんが考えや感じたことをぶつけて下さいました。

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst 日本人だからこそ、日本のユーズドていうものがなんなのかわからないことも多いです。この場合のユーズドだと、アメリカ古着のように日本人の古着なんて歴史あるようなvintageとは違うので然程価値なんてありませんよね。ほとんど、大量生産型のチャイナメイドなので。

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst 日本人は日本人らしく、羽織りや下駄とか日本人独特の文化を大切にするべきだったんですよね。

いきなりのコメントすいません。


以下やり取りを載せます。

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 羽織や下駄が廃れるのは機能面やデザインが時代にフィットしなかったり、アメリカやヨーロッパの衣料に負けたからで、それは自然の摂理なので大事にしようとしたところで、行き着くところは同じだったと思います。

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 日本人として大切にすべきは日本の物作りで、必ずしも作られるものが下駄や羽織でなくても良いのではないかと思います。

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 ただ、言いたかったのはそこではなく、ユーズドインジャパンという発信は、国内ではゴミになるものや中国製のものを売るためのキャッチであって、本当に価値のあるものではないので、すぐにその仕掛けはバレるだろうと。


4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst なるほど。確かにそうもいえますね。
下駄に関しては最近セレクトショップでも、下駄をいじったデザインのものだったりすることがあるのでいい傾向ですね。

返答ありがとございます!

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 今、若いクリエイターやデザイナーが今一度、日本にあったそういった衣料や生地、製造法に着目して、新たな価値を生み出しているのは素敵ですよね!僕もそういうものには大変興味があります!

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst ジャパンメイドってだけでジーンズのように質がよかったりしますもんね。

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst 例え、日本の中国製でボロボロのクソ古着もどこかしらの国は求めるところが絶えないような気もします。

日本の独特の文化をデザイナーなりに解釈したものって意外と少なくってあればもっと面白いのになっと思います!!

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 勿論、寄付という意味で、まだ求められる可能性はなくはないですが、ゴミはやっぱりどこの国の人も買わないのではないかと。やはり物を買ってもらうには最低限、国内のリサイクルショップで販売される程度の品質は必要ではないかと。


4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst お金を出してまではってことですよね。

リサイクルショップで働いています。最低限の状態と質は必要ですよね。お金を出すには。

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 そうですね!ユーズドインジャパンを個人的に評価しないのは、メイドインジャパンを評価して欲しいという偏った思想があるからなんですが、ジャパンブランドとして発信するにはやはり日本製というところは最低ラインじゃないのかなと思っています。

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst メイドインジャパンありそうでないですからね。今の時代なかなかないですもんね。

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst やはり、人件費ですかね。

K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 人件費も含めて安いものを買う消費傾向ですね。消費者が日本製、ジャパンブランドに興味と愛着を持てば日本の物作りは復活するはずです。それが難しいことぐらいはわかってるんですが、そうした物の良さに共感してくれる人を少しでも増やしたいと日々発信しています。

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst なるほど。それはわからないこともないです。特に今は若い層がイイもの(作りだったり質)への拘りが減ってしまってますもんね。イイもののよさがわからないと日本のブランドの良さもわからない気もします。岡山がジーンズで有名なことですら知らない若い世代ばかりですから。


K編集長 (@kzm_fst)
@adoration5884 そうですよね。ユニクロでもオシャレなら良い!というのも、今の価値観として良いと思うのですが、個人的にはもっと深く、岡山のジーンズの良さとかをそうした層の方に知ってもらって共感してもらえるような活動をしていきたいと思っています!

4405884 (@adoration5884)
@kzm_fst なるほど!とても応援しています。同じ滋賀出身として!w
今のファッション界隈の好きな大学生は割とひどくて興味を持たない人が多く、服飾学生ですらイイものがわからない人が多い。イイものの基準はひとそれぞれですが!(僕も大学生ですが。)


とても嬉しかったのが、この後にこのようなツイートをしてくださっていたことです。

4405884 (@adoration5884)
服でイイもの(質、造り)を見分けられる大学生。
なかなかいない。

そーいった会話ができないことが寂しい。

少しでも知識の教養となるようにブログを毎日書いていきます。 pic.twitter.com/Fctr0DqxzS

4月3日から始められたブログには、まだ少ないながらも主張のある記事が書かれていてとても刺激を頂きました。

こうした熱い若者と知り合えるのはF-STREETをやっていたお陰です。

プライスレスな出会いに感謝。
この歳で熱い気持ちを持った若者と知り合えるチャンスなんてそうそうあるものでらありません。

発信しているからこそ、こうした出会いに恵まれる事が出来たのは間違いありません。

しかも滋賀県のご出身とのこと。
これからどんな発信をされていくのか注目していきたいと思っています。

熱い思いの詰まったブログは下記からどうぞ。


0 件のコメント:

コメントを投稿