自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年5月28日木曜日

自転車の取り締まり強化の前に自転車走行道路を整備してよ。

普段、通勤などで自転車を愛用しているので、来週から自転車の走行処罰が厳しくなる事がとても気になっています。

大方のルールはちゃんと知って慣れるしかない部分もあろうかとは思いますが、歩道を走行すると違反になるというのは…

車道を走るのがとても危険な道や路肩が非常に狭い道、路上駐車による自転車走行路の妨害など、歩道を走らないと危ない場所もたくさんありますよね。

ルールを厳格化するなら、そのルールを無理なく守れるようにして頂かないと。

命の危険を感じながら車道なんて走れないですよ。

信号はどちらを見れば良いのでしょう?
歩行者用?車輌用?

ルール的には多分、車輌用ですよね。
となると、自転車通りの多い道路では、今後は左折車も右折車ばりに左折しにくくなりますよね。
大丈夫?

この背景に自転車事故の増加などがあるのはよくわかります。
でも、やっぱりただただ厳格化というのには違和感があります。

あまりに取り締まりが厳しくなるようだと、通勤は自動車に変えようかなとか考えています。

そう、環境に負荷を掛けて。

自転車を厳しく取り締まる→自動車の使用が増える→トヨタや日産万歳!ですか?

それか講習をすることで警察OBの天下り団体と言われる交通安全協会のポスト作りでしょうか?

とか思ってしまいますよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿