自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年5月8日金曜日

妻に「今夜何が食べたい?」と聞かれて困った時のベストアンサー

結婚されている方は奥さんに
「今夜、何が食べたい?」
と聞かれて困ったことはありませんか?

これがなかなか難問で、所ジョージさんもトコブクロで出した 毎朝ボクの横にいて の中で「言ったところでそうならないのになぜ聞くのでしょう?」と歌っておられますが、毎晩、夕飯の献立に頭を悩ませている女性にとっては何でも良いからヒントが欲しいらしく、とりあえず聞いてしまうみたいですね。

聞かれた方も、特に頭の中に食べたいものがあるわけでもなく、せめて2〜3つ選択肢があると答えられるのですが、それでも結局は、言ったところでそうならないことが多いものです。

僕も最初の頃は、なんとな捻り出して、唐揚げとか、カレーとか、適当に答えていましたが、もはや答える選択肢も持ち合わせないので、最近は答えられて困るものを答えるようにしています。

例えば、
「あっさりしてて、ちょっと凝ったもので良いよ。」
とか、鳥のムネ肉があるのなら
「一手間かけてムネ肉には思えないような料理にしてくれたらいいな」
など、抽象的でなおかつ手間のかかりそうな事を言います。

そうすると大体、
「無理!」
と言って、僕に聞くのは諦めるようです。

また、もう一つは、妻が作った事も、食べた事も、果てはどんな料理かもよくわからないものもよく使います。

「ビーフストロガノフ」
とか、
「サンラータン」
とか、あまりピンと来ない海外の料理を使う事が多いです。

この対処のポイントは一応答えていることにあります。
勿論、妻としては不満ですが、答えてはいるわけですから、あとは実現するもしないも妻次第です。
実現されることはありませんが。

ということで、我が家ではもはや妻は僕に何が食べたいか聞いてこなくなりました。

但し、この方法が世の中の人妻全員に通用するとは限りません。
場合によっては烈火の如く怒り狂う女性がいてもおかしくはありません。

ご使用の際は用法用量をよく守ってお使いください。

0 件のコメント:

コメントを投稿