自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年10月31日土曜日

フィデアホールディングスとスパークスグループが好決算!!

最近、めっきり記事にしていなかった株式投資。
チャイナショックで例に漏れず大打撃を喰らい、一時は30万円ほど含み損を抱えていましたが、現物投資なので株数は変わってないからと、なんとか耐えていました。

基本的にジッと耐えていたので、特に書くこともなかったのですが、その間、暴落したところから持ち直すべく、いろいろ持っていた銘柄をダイエットしてほぼ2銘柄に絞って所有し直しました。

その2銘柄がフィデアホールディングスとスパークスグループ。

フィデアホールディングス(YAHOOファイナンス)
スパークス・グループ(YAHOOファイナンス)

フィデアホールディングスはPER5倍以下という超割安銘柄なのと、上場準備中と言われている新素材「QMONOS」で話題のスパイバー株式会社の大株主と噂されている材料から長期保有しております。

スパークスグループは今秋にトヨタと三井住友銀行との新ファンドを設立するというアナウンスがあったことや東京都と官民共同のファンドを運営していることなどを魅力に思い、所有しております。

この2社は3月決算なので、9月の第二四半期決算が10月29日と30日に決算発表がありました。
決算に向けてなのか、ここ数日、両社とも順番こに株価を上げてくれていて、チャイナショックで喰らった30万円の含み損は約3万~4万円というところまで縮小してきてくれています。

そして決算が・・・

29日に発表されたフィデアホールディングスの決算では減益予想(経常利益53億円)から一転、経常利益76億円の上方修正。

30日に発表されたスパークスグループの決算では連結純利益が223.1%増というサプライズ決算。

どちらも好決算を出してくれて、月曜日からの展開が非常に楽しみになりました。

好決算でも売られることもあるため、楽観視は出来ませんが、順調に含み損を減らしてもらえればと期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿