自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年12月5日土曜日

興味があるとないと

この週末、将棋界では名人と並んで最高位と言われる竜王のタイトルが移動した。
渡辺棋王が久しぶりの戴冠。
一時は自身の代名詞となったタイトル。
将棋界では結構な出来事です。

そして翌日には、将棋界の七大タイトルのうちの四つを独り占めする羽生四冠が王将戦の挑戦権を獲得。
五冠に挑戦とかいうとんでもない事態に。

羽生四冠は以前、七冠を達成しちゃってるので、普通に聞こえてしまいますが、五冠て、とんでもないことです。

こんなニュースも将棋に興味がなければ割とどうでも良いことだったり、世の中の大多数の人は知りませんよね。

最近、ハマっている投資の世界では、週末、ECB(欧州中央銀行)が追加金融緩和を発表したのですが、これがECBのドラギ総裁というおしゃクソおじさんがこれまでに散々、
「めっちゃ緩和するで」
「もうやり尽くすで」
と世界を煽りまくってたせいで、ガッカリ感から猛烈にユーロが買い戻されました。

緩和するはずやのにユーロ高になっちゃって、慌ててドラギさんは
「市場はわかってない!めっちゃやんねんで?」
とか言ってますが、ドラギはんが煽り過ぎたせいで既に市場は、
「えげつないほどやる!」
と予想してたせいで、全然効果なし。

こんなニュースも、自分のお金の価値が変わるというか減る結構凄いこと(円安)やのに、以前の投資をしてなかった自分なら全く興味もなかったし、知りもしなかったと思います。

ということは、今日も世界のどこかで自分が興味を持ってないだけで、とんでもなく凄いことがきっと起こってる。

興味を持つ、または興味がないって凄いことですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿