自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年1月30日金曜日

アパレル業界も人材不足時代?

数年前、古着屋の販売員は決して給料が高いわけではないけど人気職種で、販売員になりたい人は多数知ってましたが、募集している古着屋さんはほとんどありませんでした。

それが最近は募集をよく見かけるし、それも結構長い間募集されていたり、採用も募集してすぐにとは行かなくなってきているように感じます。

一つにはこの数年で大阪の古着屋さんが一気に増えていることと、そして古着屋JAMやGRIZZLY、PIGSTY、TAU、ACORNといった急成長された古着屋さんの存在が多数あることが一つの要因ではないかと思います。

更にもう一つは若者の数が減っていることで世の中が慢性的な人材不足時代を迎えており、販売員以外にもたくさん魅力的な職業がある事も原因かと思います。

こうした流れはアパレル業界全体にも波及していると思われ、今後、益々、その流れは加速するのではないかと思われます。

そうすると、個人営業の多い古着屋業界はさらなる人材確保に苦戦を強いられると予想されます。

経営はうまく行ってるのに人材が確保出来ずに閉店されるお店とか、また良い人材が確保出来ずに思い通りの展開が出来ない古着屋さんをなくしたい。

ゼンリキで古着屋をやってもらいたい。

元々、私が運営する古着屋情報サイトF-STREETは、当時減少傾向にあった古着屋さんがこれ以上減ってほしくない!古着屋さんを増やしたい!という思いがキッカケでした。

となると、必然、自分自身の次にやるべき事が見えてきたんじゃないのだろうか、と思い立ち、「f-job.org」のドメインを取得しました。

何をやるかはまだ決まっていません。
でも、それをあーでもないこーでもない、と考えている時間は本当に楽しい。

古着屋さんに無料で人員採用に活用してもらいながら、販売員やアパレル業界に興味ある人に有益な情報を提供して、きちんと収益化をして永続的なサービスを提供する。

そんなことが出来たら良いなぁ…と思いながらいろいろ思いを巡らせています。

こうしてアイディアが湧いたり、何かを思いついてとことん考えたりすることはよくありますが、勿論、そのほとんどは実現出来なかったり、出来そうでも自分のモチベーションが湧かなかったりしてしまうことも多々あります。

でも今回はもうドメインを取得しました。
しかももうすぐ円安の影響でドメイン代が上がるので四年契約しました。

今回は何かの歯車が噛み合ってる感じがします。

2015年1月29日木曜日

丁寧に暮らす事とは衣食住を大切にすること。

最近、ひょんな事から、できるだけオシャレに気を使って通勤しています。

元々、古着屋情報サイトをやっているわけですから服を選んだり着ることは大好きなので、特に苦でもないのですが、今日の格好はこう。


中綿のヘビーアウターにGUのあったかパンツにゴアテックス仕様のスニーカー。

正直、こんなけ寒いとオシャレどころじゃないですね。
滋賀は昨日、たっぷりと雪が降り、今日は雪はやんでいましたが、山は麓まで白く色付き、今朝の予想最低気温は-2度。

これだけ寒いともうその日は寒さ対策優先です。
更にニットキャップに手袋にと、万全の対策で通勤しました。

日本には四季という自然の恵みとも言える奇跡の気候を持つ国の一つです。

オシャレは我慢という名言がありますが、寒い時は万全の寒さ対策をして冬とうまく付き合っていくのもオシャレの一つの形ではないかと思います。

着心地の良いものを選んで、必要な時は機能性の高い服を着る。
そこに好きなものがあって、こだわりを持つ。
明日着る服を考える楽しみや余裕を持つ。

衣食住というぐらいですから食と住に匹敵するぐらい、いや、もしかしたら1番目に来るのだから1番大切なのかもしれません。

服を着る事を食べる事や住む所と同じぐらい大切にしていきたいなぁ、と思います。

丁寧に暮らす事は衣食住を大切にする事だと、私はそう思います。

隠居系男子の鳥井さんの「丁寧な暮らしとは「自分の洗濯物をたたむ時間がある」ということ。」を読んでそんな事を思った次第です。

こちらの記事も素敵な事が書かれていますので、時間に余裕のある方は是非!

2015年1月27日火曜日

Twitterにツイートアクティビティーが(多分)正式実装されて超便利!

Twitterに今日からツイートアクティビティーという機能が実装されています。


ツイートの下に「ツイートアクティビティーを表示」という箇所がありますが、ここをタッチすると、このツイートの影響力を表示してくれます。



総インプレッション(表示回数)、エンゲージメント総数(影響度)が表示され、その下にツイート内のリンクをクリックした総数と割合。


ツイートの詳細を表示した人の数、プロフィール画像/名前をクリックした人の数や割合がわかる仕組みです。

単にTwitterをやるモチベーションになるのは勿論ですが、これがわかれば私のようなTwitterでブログの更新情報を流す人間にとっては、ブログ記事のタイトルの付け方やツイートする時間の違いによって、アクセスしてくれる人にどのような差が出るのかといったA/Bテストなど、マーケティングに必要な様々な情報を簡単に得ることが出来ます。

一ヶ月ほど前に一部でテスト実装され、相当便利に使えたので、正式実装を待ちわびていました。

Twitterの拡散力によるアクセス効果は検索エンジンに迫るものがあり、こうした機能が増えてくれることで、より一層、Twitterからのアクセスを増やすことが出来そうです。

2015年1月20日火曜日

36歳で考える事

現在、36歳です。
結婚していて2人の子供がいます。
子供は5歳と3歳です。

そんな36歳が考える事。

大体は若い頃と大差ないのですが、時間に関しては意識しています。

無限のように思えた時間も、60歳まであと24年しかありません。
男性の健康年齢が72だかそのぐらいだったと思うのですが、それまでも折り返し地点を迎えています。

まずは60までの24年間をどう過ごすのか。
やりたい事を追求して独立をするのか、このまま定年まで今の職業を続けながら、こうしてやりたい事をやるのか、常に考え続けています。

今のところ自分で思うキーポイントは4年後の40歳。
40歳までに確固たるものを築き上げたい。
そして、その確固たるものは独立でありたい。

その為にこの4年弱は全力疾走をして、チャレンジし続けたい。

今はそう考えています。

一方で、17年後、53歳というのもキーポイントです。
ここで下の子がハタチになります。

少なくとも17年間は安定して家族を養っていく義務と責任があります。

なので、17年間は安定した収入が少なくとも必要です。

そこで、独立となると17年間は少なくとも安定して稼いで家族を養わなければなりません。

40歳になった時に一か八かの勝負をするわけにはいかないのです。

となると、40歳までに向こう17年間はやっていけるぐらいのものが必要です。

とにかくまずは40歳まで全力疾走で頑張るのみです。

2015年1月17日土曜日

スイスフラン大暴騰から思う収入分散の重要性

昨日からスイスフランの大暴騰で騒然となっていますね。
インターネット関連事業をやっている方の中にはFXもやってる方も多く、中にはただならぬ損失を出した方もおられるかもしれません。

今回のスイスフランの大暴騰は、当然ではありますが突発的だったようで、ヤマカン取引だけでなく、FXで売買の仕組みを体系化させて稼いでいた方も煽りを食らったのではないかと思われます。

また最近、youtubeの1再生あたりの広告料が半減したなんて話も聞きましたが、それが本当なら当然、youtubeで生活している方々も撃沈されている事でしょう。

私は以前、パチンコやパチスロで生活するギャンブル生活者でした。
しかし、以前に「パチンコ・パチスロは誰でも勝てる遊びである」という記事も書いていますが、ギャンブル生活者と言っても、毎日伸るか反るかの勝負をしていたのではなく、勝てる仕組みを体系化し、それに則ってプレイする事で収入を得ていました。

その時によく見た光景は、ある特定の種類の台に強くなり、それで稼いでいた人が制度改正や特にパチスロで台の変遷について行けず、勝ち続けられなくなる方がたくさんおられました。

数字で勝つ仕組みを体系化していた私自身はそうした危機とは全く無縁で、今の制度のままであればいつの時代でも収益を挙げられるタイプで、そうした流れには左右されませんでしたが、唯一、恐れていたのは法改正。

例えば未だに導入されていませんが、パチンコ税を導入しようという議論があります。
例えば、パチンコ税を導入されると、パチンコ屋の平均還元率が90%だったとしても、パチンコ税によってそれが80%や85%になり得る可能性があるのです。

まあまず恐らく競馬などの公営ギャンブルと同じ水準になるでしょうから、75〜80%といったところでしょうか。

その辺りは推測でしかありませんが、例えば様々な理論や技術介入、立ち回りなどで私は平均110%の還元率でプレイ出来たとしましょう

それが例えばパチンコ税など何らかの規制によって5%ダウンになるとしたら…
110%のパチスロ台を私が打つとすると、1プレイに3枚のコインを投入し、1時間で600回転ぐらいを回しますので、投入枚数は1800枚。それの10%が上乗せされて帰ってきますから手にするのは1980枚で、180枚の利益。
50枚が1000円ですから3600円ほどを稼ぐことになります。

これは、まあ普通のパチプロにするとかなり優秀な結果で、実際にはもう少し低くて103〜7%ぐらいで推移するでしょうけど、計算しやすいので、これで計算しておきましょう。

そして、パチンコ税などの導入で店の経営方針や換金時に生まれる換金ギャップなどで換金時に還元率が5%下がった場合。
この場合は上記同じ条件で獲得するのが1890枚相当ということになります。

となると一時間で得るのは1800円…
1日12時間プレイしたとして21600円もの差が生まれます。

いろいろ計算のしやすさという便宜上、細かい設定は適当ですが、こうして制度が変更されると一気に減収減益に陥る可能性を秘めています。

インターネット事業も同じ。

何かを規制されたり、または世の中の流れやインターネットの発展次第で収入が揺らぐ可能性は大いにあります。

例えば私が運営するF-STREETも、誰か強力なプレーヤーが参入してきたら大きく煽りを食らうはずです。

勿論、そんなことにならないように、日々コツコツと運営し、古着屋さんとの関係や取り組みなどで、参入障壁を築き上げているわけですが、例えば孫正義さんが、何かの拍子にその気になってしまえば、そんな参入障壁は屁でもないでしょう。

そこで、その参入障壁となる日々の努力と同じぐらい大切だと思っているのが収益やビジネスモデルの分散。

例えばF-STREETのアクセスが半減しても他のサービスで同じだけのアクセスを取っていれば、そのダメージはより軽微なものになります。

F-STREETは7社のスポンサー様に支援して頂いていますが、例えばこれも、1社様に頼っていて、その1社様が撤退されたりスポンサー契約を打ち切られたりすれば、一気に運営継続が揺らぐわけです。

インターネットには他にも物販やクリック保証型広告、アフィリエイト広告など、様々なマネタイズ方法がありますので、こうした他のマネタイズ手法と合わせてリスク分散し、更にその運営を安定させるのが理想です。

介護施設を選ぶ時の注意点に「やたらとボランティアや福祉といった耳障りの良い美辞麗句を並べる施設には要注意」というものがあります。
介護事業は綺麗事だけでは運営出来ない、と、そういうわけです。

私自身、古着業界を盛り上げるんだ!と意気込んでやっていますが、その思いを遂げるために、質の良いものを継続的に提供していくべく、こうしたマネタイズやリスク分散にも力を注いでいます。

それによって何年も何十年も業界の発展に少しでも寄与して行けたら最高です。

2015年1月16日金曜日

うまくブログ記事が書けない時の対処法

ブログを書く時、いつも常に大満足の記事が書けるわけではありません。

自分で書いていて、どうにもしっくり来ないことや、伝えたいことがうまく伝えられていないような感覚に陥ったり、どうもうまく行かない時もたくさんあるんですが、そんな時も出来るだけ消さないように、前に進むようにしています。

勿論、そのままダラダラとダメなまま進むのではなく、なんとか軌道修正出来るように必死に試みながら書き進めます。

戻って書き直して無難な文章を書くことは可能なのですが、それでは面白くないし、成長も鈍るのではないかと思うのです。

そのままどうにも行かずにダメなまま終わることもあるのですが、それはそれで大事な反省材料であり、そして今の自分の力で出来た精一杯の財産でもあります。

なので、それはそれで受け止めて、後から見て、あの頃は文章下手だったなーと笑えるような糧にしていきたいと思うのです。

このシガハツはそんな自分の成長のためのブログです。

うまく書けない時も、後戻りすると手が進まず余計に書けなくなるので、とにかくダメでもいいから書き進める。

これが私のブログ記事がうまく書けない時の対処法です。

2015年1月15日木曜日

子供連れで琵琶湖バレイのソリ滑りが楽しかったのでシェアします。

京都や大阪の人に最も知られている滋賀県のスキー場といえば、恐らく琵琶湖バレイでしょう。

最も京阪神から近く、大阪市近郊からも車で2時間ほどで来ることが出来ます。

我が家も大阪から滋賀県に移住してきて2年が経ち、子供達も少し大きくなってきたので、ソリ滑りデビューをさそようと思い、大晦日の日に琵琶湖バレイに行ってきました。


昔は4人乗りぐらいの仮面ライダーみたいな見た目のレトロなスリル満点のゴンドラで山頂に上がっていたのですが
今や立派なロープーウェイに変わっていました。

このロープーウェイ、営業時間外に何か用事やアクシデントなどで動かしてもらうと一回五万円だそうです。

かなり運用コストが高そうですね。


今回はソリ滑りゲレンデしか入っていないので、他のゲレンデの様子はわかりませんが、午前中は結構空いてて思う存分滑れてラッキーでした。

ソリはソリ滑りゲレンデに置いておるので、手ブラで行っても遊べます。


勿論、雪遊びも出来ます。
この日はだいぶ雪が硬かったので、雪だるまとかは小さいのしか出来ませんでしたが、それでも子供達は大はしゃぎでした。

ちょっとしたタイヤのメリーゴーランドみたいな遊具もあり、朝から15時前ぐらいまで思う存分遊びました。

お昼はおにぎりを持って行って、うどんだけ注文して、おにぎりとうどんで済ませました。

持ち込み可なフードコート的スペースはいっぱいでしたが、それでもそんなに長く並ぶほどでもなかったです。




絶景もオマケについてきます。

ロープーウェイ代は大人2人と幼児2人で5000円ほどでした。

どうやらホームページで割引券がプリントアウト出来るみたいなので、それを使うのがオススメ。

滋賀に移住すればスキー場もすぐそこですよ!
是非、滋賀県に移住してください。

2015年1月14日水曜日

今のプリンターは凄いな。

プリンターを買い換えました。
前に使っていたのはEPSONのもので、6年ほど前に買ったものなのですが、昨年あたりから印刷がうまく出来なかったり、出来ても擦れまくりで字も読めない状態だったりしたので、思い切って買い換えました。

インターネットでいろいろ調べてみた結果、brotherのものがインクが安いらしいということで、brotherのものにしました。


前のものは1万円弱で、こちらは8000円ちょっと。

値段は安くなりましたが性能は比べ物にならないぐらいアップ。

そもそも液晶が付いているだけでワンランク上です。

更に感動したのはwi-fiで接続してコードレスで印刷が出来る点。
前は使っ時にエッサエッサと出してきてコードをつないで、プリントしていましたが、今は離れていてもボタン一つでプリント出来ます。

凄い!!


モデル型番はDCP-J952N。

使い道がほとんど請求書の印刷と年賀状を作るのみなので、そんなに高性能なものはいりません。

今のところ大満足で使えています。

欠点と言えば、wi-fiで接続して印刷する設定がなんかややこしくて、難しいということぐらいです。

新しいプリンター快適です。

2015年1月13日火曜日

初詣に行くならブログを書く。

結構バチ当たりな事を書きます。

皆様、初詣に行かれましたでしょうか?

私はほとんど初詣に行ったことがありません。

無宗教者で、神仏を信じていないというのもありますし、初詣に行ってお賽銭を投げなきゃ救ってくれない神様仏様なら、案外、代用は効くものだと思っています。
まあ、そもそも人でごった返したお寺に初詣に行くのがめんどいという思いも強くあります。

お経は人が考えたもの、坊さんは商売人、寺は歴史的建造物、というような感覚。

初詣をイベントとして楽しむなら合理的ですが、初詣に何時間もかけて出掛けるというのはどうにも性格的に合いません。

今年は年明けはガムシャラにブログを更新していました。

自分にとってブログは、夢を叶えるツールであり、自分自身の最高のトレーニングだと思っています。

なので、何時間もかけて初詣に出掛けるぐらいなら、ゴリッゴリにブログを書いていたい。

同じ時間を使うならお金と時間をかけて誰かに助けてもらうよりも、自分を鍛えた方が良いと思うんです。
その方が神様好みじゃないですか?

神様殿、僕、ガムシャラに努力してるんで、どうか大目に見てもらえませんかね?

まあ、実際には努力と呼べる代物ではないし、今、ガムシャラにやらなきゃいけないのは学生時代に怠けまくったからに他ならないんですが。

その辺も大目に見てください。

2015年1月9日金曜日

滋賀県出身の奥村展征選手が相川亮二の人的補償でヤクルトへ。

鳥谷敬選手が阪神残留を決めたその裏で、一昨年のドラフトで巨人に4位指名され、山形日大から読売ジャイアンツに入団した奥村展征選手が、ヤクルトから巨人にFA移籍した相川亮二捕手の人的補償でヤクルトに移籍することになりました。

奥村展征選手のお祖父さんは元民主党衆議院議員の奥村展三氏でお父さんは1985年の甲子園を盛り上げた爽やか甲西旋風の時の2年生主砲で後のプリンスホテルの主砲で全日本の四番も務めた奥村伸一氏という、滋賀の華麗な一族です。

中学時代は草津シニアパンサーズ、通称草パンに所属し、キャプテンも務めました。

当時を知る草パンの当時の事務局長によると、
「近畿大会の組み合わせ抽選で毎年キャプテンを車に乗せて連れて行くけど、みんな緊張してるのにノブだけは乗った瞬間寝てたからね」
というエピソードを持つ、当時から大物感のある選手だったそうです。

山形日大から読売ジャイアンツに入団してからは、そのセンス溢れるプレーが認められ、一年間ファームのセカンドのレギュラーとして使われるなど、高卒新人野手としては坂本勇人以来の期待のされ方でしたが、山田哲人がいて更に大引を補強したヤクルトが野手を取るとは予測していなかったようで、プロテクトから外され、ヤクルトに狙われました。

これで巨人は広島に移籍した一岡竜司投手に次ぐ、有望若手の流出。
これは痛いですね。

二軍で高卒新人をほぼフル出場させるなんて、ドラ1のような扱いです。

奥村選手にすれば、どちらにしても一流になればレギュラーなので、それほど苦ではないでしょうし、父のプリンスホテルの後輩で中学時代にも指導を受けている宮本慎也氏が将来的にはヤクルトを率いるでしょうから、願ったりかなったりかもしれませんね。

個人的には滋賀県出身の期待の選手で、草パンの元事務局長と一緒に2人で勉強会をしている友人なので、読売よりヤクルトにいてくれた方が応援しやすくて嬉しいです。

またアンチ巨人として、プロテクトミスはメシウマです。

ということで、これからは心置きなく奥村展征選手を超応援しようと思います。

2015年1月7日水曜日

ミルクココアとミルクココアを飲み比べてみた結果。

ココアが好きなんですよね。
コーヒーも好きなんですが、胃が弱ってる時とかはコーヒーを避けてココアを飲むようにしています。

私の働く職場にはいくつかジュースの自動販売機があるんですが、その中の2つの自動販売機でミルクココアが売っています。

と言っても違う会社の製品で同じ物ではありません。


片方が大塚製薬のミルクココア。
白い方ですね。
「おいしい牛乳仕立て」の文字がたまりません。
洋食屋さんのオムライスの「洋食屋さんの」には及びませんが、なかなかの破壊力です。

もう片方はアサヒのバンホーテンミルクココア。

美味しそうなココア色の缶がなかなか魅力的です。

これを毎日交互に飲んでみた結果…

◾︎大塚製薬のミルクココア
恐らくミルクの量がバンホーテンより多くマイルドで、甘みも際立ちます。
口当たりがなめらかな感じ。
かなり美味しい。今まで飲んだ缶ココアの中で1位。

◾︎バンホーテンミルクココア
オーソドックスなココアといった感じ。
美味しいけど特筆するようなところはないように感じる。

結果
大塚製薬のミルクココアの圧勝!!
これ美味しーいこれっ!
超美味しい!!

どう考えても毎日、大塚製薬のミルクココア飲みたい!!

大塚製薬のミルクココア130円。
バンホーテンのミルクココア100円。

ぐぅ。

明日からはスペシャルな日以外はバンホーテンのミルクココア飲みます。

くっそー。

値段気にせずミルクココア飲める人になりたいぜ。




2015年1月6日火曜日

ガストでフォアグラを食べた話。

ガストでフォアグラを食べました。


どれがフォアグラがわからない庶民派のあなたの為にドアップで。


これがフォアグラだ!!

世界三大珍味です。

ガストは子供が楽しみにしているキッズメニューを頼んだら貰えるガチャガチャコインを、ジュニアメニューだけにして、ガチャコインを楽しみにしていた子供をスーパーガッカリさせたので、もう行く気はなかったのですが、お正月に開いてるお店がなく仕方なしに行ったら、フォアグラがクーポン使ったら799円で食べられるという凄いフェアをやっていたので食べました。

もうディスる気マンマンに見えるでしょうけど、見た目は見ての通りですが味は悪くなかったです。

評判もネットで見る限り上々のようです。
799円と思うと相当クオリティー高いと思います。

でも、ガチャコインを小さな子供にはあげないようにしたのがダメ。
ほんとダメ。

かわりに導入されたのがステッカー。
なんじゃそら。
それならせめてガチャガチャやってステッカーが入ってればええのに。
抗議とかないのだろうか。

もっと小さな子供のためなのかな?
少なくとも我が家の5歳と3歳はスーパーガッカリしてます。

ちなみに神対応のソフトバンクの店員さんは待ってる子供に2回づつガチャガチャさせてくれました。

2015年1月5日月曜日

成長は階段状

すあけましておめでとうございます。
いくつかブログをやってるので、もう新年の挨拶は書き飽きましたので手短にさせて頂きます。

という記事で少し触れたのですが、成長は階段状であるということ。

これはサイトやブログを運営していると如実に感じる事があります。
アクセス数が増える時というのは、何かのキッカケでググッと伸びます。
そして、一時、停滞してまた成長します。

大阪を代表する古着屋「古着屋JAM」の福嶋社長も会社の成長を、同じようにおっしゃっていたので、サイトやブログに限った話ではないかもしれません。

感覚的には、成長の後、成熟させる時間が必要なのだと思っています。
ブログで言うと、それまで10万PVだったものをいろいろ仕掛けて15万PVまで成長させたとしたら、そのまま一気に20万を目指すのではなく、その15万を通常営業でも達成できるようになる期間が必要だと思っています。


たとえば組織でも、大きく成長するとそれだけ人員を配置しなければいけなくなりますが、成長直後はそれだけの人員配置をいきなりするのは難しいと思います。
無理矢理、人員を増やすと今度は不調時に困る事になります。

人の成長もそうですよね。例えばスポーツで何かのテクニックをマスターしたら、そのテクニックが自分のものになるまで繰り返し復習することが大切です。
一つマスターして、すぐに次の事にチャレンジしていたら、マスターしたことを忘れてしまうかもしれません。
人の成長も同じように成熟が必要だと思うのです。

では、成熟させるとはどうしたら良いのか。
その答えはたった一つ。
”継続”だと思います。

続ける。とにかく続けることが全て。

続けていれば何かのキッカケで成長することがあるかもしれません。
どんな形であれ続けることは大事です。
諦めた時点で試合終了とはよく言ったものですね。

今年もブログ、発信するというこもを続けていこうと思います。