自己紹介

古着屋情報サイト「F-STREET」を運営しております。 また大阪古着祭という主催イベントの他、イベントコーディネートや協賛、大阪古着屋マップなどのフリーペーパー配布なども行っております。
twitter@kzm_fst

2015年11月25日水曜日

挨拶とかはちゃんとした方がええなぁという話。

以前、職場にいた後輩をよく食事に誘ったり、相談に乗ったりとしていました。

まだハタチそこそこの若者で、ただ学生時代に登校拒否をしたのをキッカケに、辛くなると精神の病を理由に(鬱病などではない)「サボる」ということを覚えてしまったらしく、少し嫌なことがあると職場に行かない(無断欠勤)をしてしまうため、仕事が続かないという悩みを持っていました。

結局、職場も無断欠勤をして来辛くなり、やめると相談があった時に、僕の帰り道を待ち伏せして話を聞いて欲しいというので、話を聞くと
「海外に行ってみたい」
とか最もらしいことをいうもんだから、まあそれは海外に行ったという結果を出してから言いなさいと、突き放しました。

ただ、アドバイスとして、

1.片道切符でいくとか、現地のことを調べずに行くような無謀な旅はしない。
2.バックパックではなく、現地でボランティアをする。

というアトバイスと提案をして、海外でボランティアの出来る資料などを渡しました。

そして2年ほどが経過し、一応、インドにバックパックで旅をしてきたようです。

そこで、少し認めたよということで、そのインドの旅を載せていたLINEのタイムラインに一言他愛もない書き込みをしました。

その数日後、職場に来ると、その彼の名前が貼ってあるロッカーを見つけました。

肉親が我が職場で働いているため、コネがあるので復帰は出来たのですが、全く聞いていなかったので、近くにいた人事の同僚に
「彼はまた来るの?」
と聞くと
「昨日から来ていますよ!兄さんに一言もないんすか?」
と言っていました。

その後、ロッカーで会うことがあったので、
「一言もないのは寂しいな」
と伝えると、
「帰りにロッカーで一緒になる時にサプライズで言おうと思っていました。」
と言っていました。

それはそれで構わないと思うんです。
対僕だけになら、あとでなんぼでも言い訳ができて、ポイントも信頼もある程度は取り戻せます。

ところが、
「兄さんに一言もなかったんですか?」
と言っていた人事の同僚や、その場にいた他の人が持った印象までは残念ながらフォロー出来ない。

ただでさえ、過去に2度、不義理を働きやめているだけに、他の人達が感じる印象はかなり仕方のないものになりました。

ちゃんと一言、明日からまた行きますと言っておけば問題にはならないんですけどね。

なので、僕自身も挨拶とかはちゃんとしといた方が良いなあと、再認識しました。

2015年11月24日火曜日

【読書メモ】ダイヤモンド・ザイ別冊付録「10分で達人になるチャート入門」

今月は携帯の利用データ量が制限を超えたとかで、追加料金を支払いました。

そんなわけで、移動中のネットなどの頻度を減らすべく、移動中はKindleで書籍を購入して読む事にしました。
勿論、ダウンロードにはかなりの量のデータ通信を使うので、ダウンロードは家のWi-Fi環境下でダウンロードしています。

で、今最も興味を持っているのは投資。
中でも、最近、少し結果が出だしたFXです。

まだトレードスタイルと言えるほど大したものは確立されていませんが、比較的僕のスタイルは、ファンダメンタル中心ということになるのかなと思います。

チャートの読み方がまだそれほどよくわかっていないことが一つと、あとは、チャイナショック直後は上海総合指数や日経平均の動向に合わせてトレードしていたことや、最近だと、ユーロの追加緩和観測やアメリカの利上げ観測などを参考にトレードしていました。

それで、テクニカル面があまり得意ではない、というか勉強不足なので、それを補うべくFXのテクニカルの本を探しました。

見つけた中で、とりあえず安かったのと、投資関連の雑誌を出していて、またノウハウ本もたくさん出している雑誌Zaiから出ているということで、こちらを購入してみました。


Kindle版で全30P弱というページ数の少なさから、読み応えのなさや情報量の少なさが不安でしたが、読み応えはともかく、情報的には意外と参考になって、このぐらいの代金は出してよかったと思える内容でした。

まあ、正直、中級者以上の方には物足りない内容ですが、初心者の僕には、チャートやテクニカル分析のことで「なんとなく理解しているつもりのこと」や、「文字では読んだことあるけど、イマイチ理解していないこと」が図解されていて、イメージしやすく、なんとなくわかったつもりだった事がよく理解出来ました。

30P弱ということで30分ほどで読み終わりますので、読み応えという意味ではもの足りませんが、価格は300円ちょっとと、非常に安価ですので、初心者の方が手っ取り早くチャートのことを理解するという目的にはオススメ出来る一冊です。

2015年11月22日日曜日

【読書メモ】東大院生が考えたスマートフォンFX 著者:田畑昇人

FXを始めてから非常に注目している人物がいます。
FXトレーダーの「たばてぃん(@shoto0212)」こと田畑昇人さん。

東京大学大学院卒のトレーダーという、東京大学院とか縁がなさ過ぎて、もうもはや頭がすんげー良いっぽいって事ぐらいしかわかりませんが、凄腕のトレーダーです。

ネット上には凄腕のトレーダーと言われる方や、自称されている方などたくさんの方がおられて、投資を始めたときにいろんなトレーダーのtwittterアカウントをフォローしてみたのですが、案外、「利確!」「○万儲かった!」といった後出しの結果を教えてくれる方は割と多いのですが、当然ながら結果は有用な情報という意味では特に参考になるものではありません。
ほんまかどうかもよくわかりませんしね。

ところがこのたばてぃんさんはですね、twitterで自身の取ったポジションをほぼリアルタイムでツイートしてくれるんです。




そして、勿論ですがそれがまたよく当たるんです。
僕のような初心者には神のお告げぐらいありがたくて、ツイートを見ればとにかく真似をして同じポジションを取り、儲けさせてもらっています。

そのたばてぃんさんがFXの本を出版されておられて、以前から気になっていたのですが、kindle版もあることを知り、購入して読んでみました。

東大院生が考えたスマートフォンFX
  • 作者:田畑 昇人
  • 出版社:扶桑社
  • 発売日: 2015-02-17
たばてぃんさんはFXを攻略する方法として三つの武器があるのだそう。
それがこちらの三つ。

1順バリ、逆バリを決める「時間帯」
2ハイエナから身を守る「ダウ理論」
3投資家心理を読む最強ツール「オアンダ」

中でも特に知りたかったのが「時間帯」で張り方を変えるトレード。

ダウ理論は他の書籍などで知っていたのと、オアンダに関しては公式ブログで読んだことがあったので、この時間帯のお話を知りたくて購入しました。

文章は非常に簡潔に書かれていて、読み味が良く、また知らなかったことを知る喜びからドンドンと読み進め、kindleでは1732ページですが、1日で読み終えました。

知りたかった時間帯についてですが、これは銀行のディーラーなど大口の投資家の行動パターン、勤務パターンを読み、それに合わせて順バリで勝負するか逆バリで勝負するかという理論でした。
言われてみればなるほど!という気付きのある非常にわかりやすい解説がされており、とてもよく理解できました。

これまで僕はトレードする時に時間帯を意識したことはありませんでしたので、これからはトレードする時の一つの武器になってくれるんじゃないかと思います。

またオアンダの使い方なども実例を用いて解説されており、これまでのザックリとした理解だけでは足りていない部分まで知ることが出来ました。

まだまだうまく使いこなせてはいませんが、最近は、オアンダの情報を読み取りながらトレードするようになりました。

まだ読んで間がありませんので「読んで勝てるようになった!」とまでの実感はありませんが、少なくともいくつかの新たな武器を持つことができ、また結果も少しづつ付いてきているように思います。
実際、「その後楽天FXチャレンジはどうなったのか?」でも書いていますが、今月に入り如実に結果が出だしています。

地合い的にユーロを売っていれば幸せになれる相場で、稼ぎやすい期間だったのも確かなのですが、実はこれもたばてぃんさんのおかげです。



逆に言えば、まだまだ自分で稼ぐ力を付けるまでは至っていませんが、「東大院生が考えたスマートフォンFX」で学んだ知識を武器に、ガムシャラに為替相場に挑んでいこうと思います。

ちなみに、「東大院生が考えたスマートフォンFX」は僕と同じような初心者の方や、これからFXデビューしよう!という方には超オススメです。
自分自身がまだ中級者・上級者になるには至っていないので、そうした方々に有用かは僕にはわかりませんが実際に結果が出ている方がどんな取り引きをしているのかを知るには良い参考書となるのではないでしょうか。

価格は単行本で1512円、kindle版で1242円です。

FXで大金を稼ごうと企んでるわけですから、超安い自己投資でした。

2015年11月21日土曜日

その後楽天FXチャレンジはどうなったのか?

以前、楽天FXの新規口座開設キャンペーンが6万ポイントものポイントプレゼントを行うということで、これはいい!と楽天FXで口座開設をして6万ポイント獲得チャレンジを開始しました。


30万円を元手に、なんとか6万円以上負けるまでに6万円分のポイントをゲットするぞ!と、意気込んでスタートしたはいいものの、FXの世界はそう甘くはなく、ドンドン元手を減らし、先月末時点での残高は…


283,380円。

これ、しかも65,000円ぐらい追加で10月の小遣いなどもブチ込んでるので、実質、8万円ぐらいのマイナスとなっていました。

結果的には6万円分のポイントゲットのために8万円を使ったという割に合わない結果に。

ちなみに、まだポイントは振り込まれていないので、6万ポイントの条件まで達しているのかはわかりません。
感覚的にはええとこまでは行ってると思うのですが…

ということで、DMM.comのFXチャレンジに続き、またしても残念な結果に…

ただ、確実にFXは上達している手応えがあり、その後はモリモリと盛り返し、現在の残高は…



おーっ、超増えてるー♡


スワップ金利だけでも5万円近いプラス。


更にこの2週間ぐらい、ユーロを売りまくれば幸せになれる相場が来ていたので、たまたまうまくその波に乗れて稼ぐことが出来ました。

まだまだ残念ながら、継続して買って行けるほどの手応えは掴んでおらず、依然、修業中の身で、一時的に勝てたからと言って全く安心は出来ませんので、これからも必死に為替相場のツワモノ達に食らいついて行きたいと思います。

2015年11月11日水曜日

子供にはゲームをあまりして欲しくないなぁと思ってる話

最近、子供達がDSやスマホでゲームをしている姿をよく見かけます。
してない方が珍しいぐらい。

お友達家族とキャンプに行けば、子供達はアウトドアでゲーム。
この間、親戚の家に行った時も、親戚の4歳の子が2時間ぐらい親のスマホでLINEゲームをしていました。

もう今はそれが普通なんですね。
僕のような考え方は古いのだと思いますが、ウチの子供達(6歳、4歳)にはゲームをまだしてほしくないなぁと思っています。

なので買い与えていないし、親のスマホも触らせません。

ゲームをまだしてほしくないなぁと思っているのは、一つはゲームが時間浪費型のコンテンツだということ。

僕はファミコン世代でファミコンが普及し始めた年代です。
ゲームをやる子とやらない子が両極端だった時代。
僕は野球をやっていましたが、少年野球の主力クラスにゲームにはまっていたり、ゲームが上手な子はいませんでした。
そらまあどう考えてもそうで、ゲームうまい子がゲームをしている時間に僕達は野球をやっていたわけですから。

なので、どちらかというと、当時は、野球がうまい子、ゲームがうまい子、頭が良い子は、あまりリンクしないもので、ゲームがうまい友達の取り柄はゲームといった感じでした。

そんな記憶があるので、体を動かしたり、頭を動かしたりする時間を、頭を使うといえば使うけど、どちらかというと思考停止で長時間没頭するゲームに取られる時間は、彼女達の人生の貴重な時間の中で、できるだけ小さくしたいと思っています。

そして、もう一つは彼女達はまだ僕と遊んでくれます。
時間があれば取り合うように
「パズルンやろう!」
「お買い物ごっこやろう!」
と誘ってきてくれます。

それはそれはもう、彼女達の独自ルールはあるは、説明はよくわからないは、お買い物ごっこのお客さんは無限ループだわで、相手するのも大変なので、ゲームでもやって静かにしてくれていると、こんなに楽な事はないのですが、一緒に遊んでくれるのも今だけです。
もう何年かしたら相手してくれなくなるでしょう。
なので、面倒で大変だけど、彼女達との遊びの時間をまだゲームに取られるわけにはいきません。

それから、僕にはまだ彼女達に教えないといけないことがたくさんあります。
僕はゲームが下手だったけど、その代わりほとんどの遊びという遊びはクラスでトップクラスにうまかったのです。
野球やドッチボール、相撲など体を動かすものは勿論、好んでやっていた将棋は学校では無敵だったし、オセロも負けることはなかったし、縄跳びで1000回飛んだのもクラスで僕だけだったし、ゴム跳びもあやとりも、百人一首もトランプも、まあ負けることはありませんでした。
折り紙だってお絵描きだって得意でした。

それらの遊びを彼女達に教えてあげないといけない。
女の子なので将棋を無敵にしてやろうとは思いませんが、教養の一つとして教えてあげたいと思っていて、長女は既にオセロで小5の甥っ子にも勝つほど上達しています。

小5の甥っ子も、僕には将棋と野球を教えてもらうと、時々遊びに来ていますし、こうした伝えられることを通じて、彼女達との時間を大切にしていきたいので、やっぱりまだまだその時間をゲームに取られるわけにはいきません。

ファミコンのようにツーコンがないので、キャンプでみんながDSをやっている画面を隣から必死に覗き込んでいる彼女達を見ていると本当に不憫に思うし、買ってあげたくなることもありますが、まだ彼女達にはゲームはやってほしくないなぁと思って、DSなどは買い与えない方針です。

ただ、彼女達にはサンタクロースという心強いヒーローがいます。
恐らく来年か再来年ぐらいには長女も、ゲームを買ってくれない親に見切りを付け、サンタのおじさんにゲームをお願いすることでしょう。

その時は、ゲームはダメとか、独自ルールを設けずに、サンタのおじさんの優しさにお任せすることにしています。

それまで、1日でも長く、1分でも多く一緒に遊んで過ごして、たくさんのことを伝えられたら良いなと思っています。

2015年11月5日木曜日

缶詰「家バル ホタテのアヒージョ」は絶品

缶詰めの缶つまレストランシリーズを食べて感動し、缶詰め好きになったのですが、先日、ファミリーマートで見つけたこちらの缶詰めが絶品でした。


家バル ホタテのアヒージョ。


見かけはちょっとアレですが、たっぷりのニンニクと飲んでも美味しいぐらいのオイルがたまらなく美味しく、またホタテも小ぶりですがしっかりと食べ応えのあるホタテです。

超お酒が進みます。

これ一つで350mlのビール2本は空けられるぐらいしっかりと味が付いています。

いつも牡蠣のオイル漬けを家で仕込むのですが、ホタテも良いですね!

家バル ホタテのアヒージョ、オススメです!

2015年11月2日月曜日

光り輝くトルコリラロングポジション

今日はかなりバイオリズムの合った日となっています。

まず以前から持っているトルコリラ。
6.5万通貨という単位で持っており、毎日、スワップ金利として700円ぐらい貰えるのですが、昨日あったトルコの選挙で与党が勝利し、今日はトルコリラが大暴騰。

為替損益で20万円以上のプラス、積み重なったスワップ金利はここまでで約3万円と、光り輝くトルコリラロングポジションとなりはじめました。

この調子で未来永劫、毎日700円入ってくる生活をしたいですね。

更には今日は、窓開け窓埋めという週の始めのボーナスステージを含め、他の通貨でのトレードもプラスで、最高時で15万円もの含み益を出していました。

更に株も日経平均が400円下げる中、僕の持ち株のフィデアホールディングスは+1円の逆行高。
金曜日に好決算をブチかましたスパークスグループは+15円の大幅逆行高と、好調な結果となりました。

まだ1日終わっていませんが、今のところ1日の勝ちとしては最高額。
たまにはこういう日もないとね!

とはいえ、まだFXはマイナスなので、もっともっと稼げるように頑張ります。